会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

アレルギー性疾患の季節性。全国的な集団ベースの研究から得られた現実のエビデンス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Immun Inflamm Dis.2020 Jun;doi: 10.1002/iid3.316.Epub 2020-06-13.

アレルギー性疾患の季節性。全国的な集団ベースの研究から得られた現実のエビデンス

Seasonality of allergic diseases: Real-world evidence from a nationwide population-based study.

  • Young Chan Lee
  • Hyun Jeong Ju
  • Jin-Woo Kwon
  • Jung Min Bae
PMID: 32533645 DOI: 10.1002/iid3.316.

抄録

序論:

アレルギー性疾患の季節変動は臨床現場で大きな関心を集めているが、現実世界での大規模な疫学データは不足している。

INTRODUCTION: Seasonal variations of allergic diseases have been of great interest in clinical practice, but large-scale epidemiological data in the real world is lacking.

方法:

我々は、韓国国民健康保険請求データベースを用いて、アレルギー性鼻炎(AR)、喘息、アレルギー性結膜炎(AC)、アトピー性皮膚炎(AD)の季節性を調べるために、全国的な人口ベースの横断的研究を行った。また、各疾患の月別患者数と、日長、気温、1日の気温帯、湿度、日射量、降雨量、UVA線量、UVB線量、PM10などの気候要因との相関を調べた。

METHODS: We conducted a nationwide, population-based, cross-sectional study using the Korean National Health Insurance claims database to examine the seasonalities of allergic rhinitis (AR), asthma, allergic conjunctivitis (AC), and atopic dermatitis (AD). In addition, we investigated the correlations between the monthly patient numbers of each disease and climate factors such as daytime length, temperature, daily temperature range, humidity, solar radiation, rainfall, UVA dose, UVB dose, and PM10.

結果:

季節変動が最も大きいのは AC で、次いで AR、喘息、AD の順であった。ARは9月に最も有病率が高く、7月に最も有病率が低く、1日の気温と正の相関があった。喘息は冬と春にピークを迎え、気温と湿度の両方と負の相関があった。ACは5月と9月と冬の谷間に二重のピークがあった。ADは5月から8月に流行し、冬に最も受診が少なく、気温と正の相関があった。

RESULTS: The highest seasonal variation was identified in AC, followed by AR, asthma, and AD. AR was most prevalent in September and least prevalent in July and was positively correlated with a daily temperature range. Asthma had peaked in the winter and spring and was negatively correlated with both temperature and humidity. AC had dual peaks in May and September and the valley in winter. AD was prevalent between May and August with the lowest visits in winter and positively correlated with temperature.

結論:

4つのアレルギー性疾患の明確な季節性を示した。韓国は四季のはっきりした温帯地域に位置し、5000万人の人々が単一の健康保険制度に加入している。したがって、我々のデータは、選択バイアスの可能性が最も低い韓国のすべての病院受診を反映している。

CONCLUSIONS: We demonstrated a clear seasonality of four allergic diseases. Korea is located in a temperate region with four distinct seasons, with 50 million people all having a single health insurance system. Therefore, our data reflects all hospital visits in Korea with the least chance for selection bias.

© 2020 The Authors. Immunity, Inflammation and Disease published by John Wiley & Sons Ltd.