会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

尿道周囲性器イボに対する二酸化炭素(CO)レーザーアブレーション治療.症例報告 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Case Rep Womens Health.2020 Jul;27:e00226. S2214-9112(20)30056-4. doi: 10.1016/j.crwh.2020.e00226.Epub 2020-05-26.

尿道周囲性器イボに対する二酸化炭素(CO)レーザーアブレーション治療.症例報告

Carbon dioxide (CO) laser ablation treatment of a peri-urethral genital wart: A case report.

  • Paula Gutierrez
  • John Garza
  • Kushal Gandhi
  • Alesia Voice
  • Elea Stout
  • Gary Ventolini
PMID: 32528860 PMCID: PMC7283141. DOI: 10.1016/j.crwh.2020.e00226.

抄録

背景:

目に見える性器イボは、約100種類のヒトパピローマウイルス(HPV)によって引き起こされます。高リスク株によるHPV感染は、重大な罹患率および死亡率と関連しています。性器イボは目視で診断され、外用薬、全身薬、外科的治療の3つの主要な方法で治療される。COレーザーアブレーションは、難治性の厚い広範囲の病変を呈するイボに最適な治療法である。COレーザー焼灼術には、痛みのない治療法、クリアランス率の向上、副作用の軽減、痛みの軽減などの利点があります。

Background: Visible genital warts are caused by the nearly 100 recognized strains of human papillomavirus (HPV). HPV infections caused by high-risk strains are associated with significant morbidity and mortality rates. Genital warts are diagnosed by visual inspection and treated by three major methods: topical agents, systemic agents, and surgical therapies. CO laser ablation is the best treatment option for warts that present as refractory, thick, extensive lesions. CO ablation offers benefits such as a painless procedure, increased clearance rate, lesser side-effects and decreased pain.

症例紹介:

18歳の患者が産婦人科に紹介され、重度の排尿合併症を呈した。排尿困難、頻尿、膣の炎症、排尿時の噴霧を訴えていた。身体所見は正常範囲内であったが,性器検査の結果,尿道肉膜と尿道周囲に3cmの大きな性器疣贅に相当する真菌性の腫瘤が認められた.症状が進行しているため,COレーザー焼灼療法が勧められた.

Case Presentation: An 18-year old patient was referred to the obstetric/gynecology clinic and presented with severe urinary complications. She complained of dysuria, frequency, vaginal irritation, and spraying while voiding. Physical exam was within normal limits; however, genital examination revealed a 3 cm fungating mass corresponding to a large genital wart at the urethral meatus and peri-urethral area. Due to her progressing symptomatology, CO laser ablation therapy was advised.

議論:

HPVは公衆衛生システムに直接影響を与え、米国の人口の1%に影響を与え、推定有病率は10~20%とされています。COレーザー焼灼術などの治療法は、ほとんどの患者さんに完全な切除を提供しており、副作用も限られています。適切な回復を監視するためには、正確な経過観察が必要です。

Discussion: HPV directly impacts the public health system, affecting 1% of the US population with an estimated 10-20% prevalence rate. Treatment options such as CO laser ablation offers complete removal for most patients with limited side-effects. Accurate follow-up is necessary to monitor proper recovery.

結論:

COレーザーアブレーションは、即時切除が望まれ、外科的切除が推奨されない場合に効果的な治療法と考えられています。COレーザーアブレーションは、高いクリアランス率と再発の最小化、および優れた審美的転帰を提供します。

Conclusion: CO laser ablation is considered an effective form of therapy in cases where immediate removal is desired and surgical excision is not recommended. CO laser ablation provides high clearance rates and minimal instances of recurrence, as well as superior aesthetic outcome.

© 2020 The Authors. Published by Elsevier B.V.