会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

妊娠中の食事因子と小児期のアトピーの転帰:アレルギーと臨床免疫学の欧州アカデミーからの系統的レビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Pediatr Allergy Immunol.2020 Jun;doi: 10.1111/pai.13303.Epub 2020-06-10.

妊娠中の食事因子と小児期のアトピーの転帰:アレルギーと臨床免疫学の欧州アカデミーからの系統的レビュー

Dietary factors during pregnancy and atopic outcomes in childhood: a systematic review from the European Academy of Allergy and Clinical Immunology.

  • C Venter
  • C Agostoni
  • S H Arshad
  • M Ben-Abdallah
  • G Du Toit
  • D M Fleischer
  • M Greenhawt
  • D H Glueck
  • M Groetch
  • N Lunjani
  • K Maslin
  • A Maiorella
  • R Meyer
  • A Muraro
  • M J Netting
  • B I Nwaru
  • D J Palmer
  • M P Palumbo
  • G Roberts
  • C Roduit
  • P K Smith
  • E Untersmayr
  • L Vanderlinden
  • L O'Mahony
PMID: 32524677 DOI: 10.1111/pai.13303.

抄録

ラショナル:

アレルギー性疾患は、増加する公衆衛生上の懸念であり、早期の生活環境は、免疫の発達に重要である。妊娠中の母親の食事は、子孫のアレルギーリスクにリンクされています。ターンでは、母親の食事は、アレルギー予防戦略として対象とすることができる潜在的に修飾可能な要因である。この系統的レビューでは、我々は、その子孫のアレルギー転帰に妊娠中の母親の食事の非アレルゲン特異的な修飾因子に焦点を当てた。

RATIONALE: Allergic diseases are an increasing public health concern and early life environment is critical to immune development. Maternal diet during pregnancy has been linked to offspring allergy risk. In turn, maternal diet is a potentially modifiable factor, which could be targeted as an allergy prevention strategy. In this systematic review, we focused on non-allergen specific modifying factors of the maternal diet in pregnancy on allergy outcomes in their offspring.

方法:

我々は、妊娠中の母親の食事と子孫のアレルギー転帰(喘息/ウィーゼ、花粉症/アレルギー性鼻炎/季節性アレルギー、湿疹/アトピー性皮膚炎(AD)、食物アレルギーとアレルギー感作)との関連を調査する研究の系統的レビューを実施しました。食物アレルゲン摂取の影響を評価する研究は除外した。2019年2月26日までに3つの書誌データベース(MEDLINE、EMBASE、Web of Science)を検索した。介入試験についてはコクラン共同研究のリスクオブバイアスツールの修正版、コホート研究やケースコントロール研究、RCTから実施されたメタアナリシスについては国立臨床エクセレンス研究所の方法論チェックリストを使用してエビデンスを批判的に評価した。

METHODS: We undertook a systematic review of studies investigating the association between maternal diet during pregnancy and allergic outcomes (asthma/wheeze, hay fever/allergic rhinitis/seasonal allergies, eczema/atopic dermatitis (AD), food allergies and allergic sensitization) in offspring. Studies evaluating the effect of food allergen intake were excluded. We searched three bibliographic databases (MEDLINE, EMBASE, and Web of Science) through February 26, 2019. Evidence was critically appraised using modified versions of the Cochrane Collaboration Risk of Bias tool for intervention trials and the National Institute for Clinical Excellence methodological checklist for cohort and case-control studies and meta-analysis performed from RCTs.

結果:

95 本の論文を同定した。17件のRCTと78件の観察研究(症例対照研究、横断的研究、コホート研究)であった。観察研究はデザインや食事摂取量にばらつきがあり、しばしば矛盾した知見が得られていた。我々のメタアナリシスに基づいて、RCTでは、ビタミンD補給(OR:0.72;95%CI:0.56-0.92)が喘鳴・喘鳴のリスク低下と関連していることが示された。喘息/喘鳴にはオメガ3脂肪酸の正の傾向が観察されたが、統計的有意差には至らなかった(OR:0.70;95%CI:0.45~1.08)。また、オメガ3サプリメントは、アレルギー性鼻炎のリスクの有意でない減少と関連していた(OR:0.76;95%CI:0.56 - 1.04)。ビタミンDもオメガ3脂肪酸もADや食物アレルギーの変化したリスクとは関連していなかった。

RESULTS: We identified 95 papers: 17 RCTs and 78 observational (case-control, cross-sectional and cohort) studies. Observational studies varied in design and dietary intakes and often had contradictory findings. Based on our meta-analysis, RCTs showed that vitamin D supplementation (OR: 0.72; 95% CI: 0.56 - 0.92) is associated with a reduced risk of wheeze/asthma. A positive trend for omega-3 fatty acids was observed for asthma/wheeze but this did not reach statistical significance (OR: 0.70; 95% CI: 0.45 - 1.08). Omega-3 supplementation was also associated with a non-significant decreased risk of allergic rhinitis (OR: 0.76; 95% CI: 0.56 - 1.04). Neither vitamin D nor omega-3 fatty acids were associated an altered risk of AD or food allergy.

結論:

ビタミンDの出生前補充は喘息の予防に有益な効果をもたらす可能性がある。皮膚および消化管の転帰のリスクを調節するためには、追加の栄養因子が必要であるようである。我々は、考慮されなかった研究デザインと宿主の特徴の違いによるものと思われるが、他の食事因子に関する一貫した証拠を発見しなかった。確認研究が必要である一方で、単一の栄養素/食品を超えてRCTを実行するための必要性もあります。

CONCLUSIONS: Prenatal supplementation with vitamin D may have beneficial effects for prevention of asthma. Additional nutritional factors seem to be required for modulating the risk of skin and gastrointestinal outcomes. We found no consistent evidence regarding other dietary factors, perhaps due to differences in study design and host features that were not considered. Whilst confirmatory studies are required, there is also a need for performing RCTs beyond single nutrients/foods.

This article is protected by copyright. All rights reserved.