国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

英国における肺がん検診に関する医療従事者の視点:質的研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BJGP Open.2020 Jun;bjgpopen20X101035. doi: 10.3399/bjgpopen20X101035.Epub 2020-06-10.

英国における肺がん検診に関する医療従事者の視点:質的研究

Healthcare professionals' perspectives on lung cancer screening in the UK: a qualitative study.

  • Charikleia Margariti
  • Maria Kordowicz
  • Gillian Selman
  • Arjun Nair
  • Yvonne Akande
  • Azhar Saleem
  • Tiago Rua
PMID: 32522753 DOI: 10.3399/bjgpopen20X101035.

抄録

背景にあるもの:

低線量コンピュータ断層撮影(LDCT)による肺がん検診は死亡率を低下させることが示されている。英国における肺がんの生存率が低いことは、主に末期症状が原因であることから、スクリーニングを実施するための推進力となっている。英国におけるスクリーニングに関する最近のガイダンスでは、プライマリケアでの症例検索を推奨している。しかしながら、プライマリケアにおける潜在的な影響と受容性、および薬局、禁煙サービス、呼吸器科診療所などの他の症例発見ルートの日和見的利用については、十分に検討されていない。

BACKGROUND: Lung cancer screening with low-dose computed tomography (LDCT) has been shown to decrease mortality. Low lung cancer survival rates in the UK, driven primarily by late-stage presentation, provide the impetus for implementing screening. Nascent guidance on screening in the UK recommends primary care case-finding. However, the potential impact and acceptability on primary care, and the opportunistic utilisation of other case-finding routes, such as pharmacies, smoking cessation services, and respiratory clinics, have not been fully explored.

研究の目的:

肺がん検診に関する医療従事者の見解や視点、その実施に対する心構えや意欲を探ること。

AIM: To explore healthcare professionals' views and perspectives about lung cancer screening and their preparedness and willingness to be involved in its implementation.

定性調査は、2018年4月から2018年12月までの間に、GP、薬剤師、ロンドンのSouthwarkとLambeth内の禁煙サービスのスタッフ、ロンドンのガイズとセント・トーマスNHSファウンデーション・トラスト内の呼吸器クリニックのスタッフを対象に、半構造化された面接を実施しました。

DESIGN & SETTING: A qualitative study was carried out with semi-structured interviews conducted with GPs, pharmacists, staff from smoking cessation services within Southwark and Lambeth in London, and staff from respiratory clinics in Guys' and St Thomas' NHS Foundation Trust in London between April 2018 and December 2018.

方法:

16名の参加者がインタビューを受け、インタビュー記録をテーマ別に分析した。

METHOD: Sixteen participants were interviewed and the interview transcripts were analysed thematically.

結果:

参加者は、肺がん検診は肺がんを早期に発見し、生存率を高めるための重要な診断ツールであると述べた。しかし、大多数の参加者は、認識と理解の不足、スクリーニングの妥当性に関する不確実性と懸念、患者と作業負荷への潜在的な影響を表明していた。

RESULTS: Participants described lung cancer screening as an important diagnostic tool for capturing lung cancer at an earlier stage and in increasing survivorship. However, the majority expressed a lack of awareness and understanding, uncertainty and concerns about the validity of screening, and the potential impact on their patients and workload.

結論:

研究参加者は肺がん検診についてさまざまな意見を持ち、その実施について懸念を表明していた。これらの懸念事項に対処するためのリソースや効果的で詳細なガイドラインを提供することで、肺がん検診への関与と意欲を高めることができるかもしれない。

CONCLUSION: Study participants had mixed opinions about lung cancer screening and expressed their concerns about its implementation. Addressing these concerns by providing resources and effective and detailed guidelines for their use may lead to greater engagement and willingness to be involved in lung cancer screening.

Copyright © 2020, The Authors.