会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

CXCR3陽性細胞浸潤のイメージングによる早期急性拒絶反応のモニタリング。¹²⁵ ヨウ素標識CXCL10の評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Exp Clin Transplant.2020 Jun;18(3):368-374. doi: 10.6002/ect.2019.0346.

CXCR3陽性細胞浸潤のイメージングによる早期急性拒絶反応のモニタリング。¹²⁵ ヨウ素標識CXCL10の評価

Monitoring Early-Stage Acute Rejection by Imaging CXCR3-Positive Cell Infiltration: Evaluation of ¹²⁵Iodine-Labeled CXCL10.

  • Hukui Sun
  • Wenliang Yao
  • Dayan Cheng
  • Hongyan Chen
  • Xiangde Du
  • Guihua Hou
PMID: 32519620 DOI: 10.6002/ect.2019.0346.

抄録

目的:

CXCR3が炎症性細胞浸潤に関連していることが報告されている。本研究の目的は、マウス皮膚移植モデルにおける急性拒絶反応を検出するためのCXCR3を標的としたトレーサーとして、CXCR3のリガンドであるヨウ素125標識CXCL10を検討することであった。

OBJECTIVES: It has been reported that CXCR3 is related to inflammatory cell infiltration. The purpose of this study was to investigate iodine-125-labeled CXCL10, a ligand of CXCR3, as a tracer targeting CXCR3 to detect acute rejection in a mouse skin transplant model.

材料と方法:

BALB/cマウスとC57BL/6マウスの皮膚をそれぞれドナーとして、BALB/cマウスをレシピエントとして、アイソグラフト皮膚モデルとアログラフト皮膚モデルを樹立した。逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応および免疫化学染色を用いてCXCR3の発現を検定し、¹⁵⁵I標識CXCL10をヨードジェニック法で作製した。アログラフト/アイソグラフトマウスを、移植後8日目に¹²⁵I標識CXCL10を尾静脈注射した後、全身オートラジオグラフィーおよびex vivoバイオディストリビューションで検査しました。

MATERIALS AND METHODS: The isograft and allograft skin models were established with BALB/c and C57BL/6 mouse skin, respectively, as donors and BALB/c mice as recipients. We used reverse transcriptase-polymerase chain reaction and immunochemistry staining to test CXCR3 expression. ¹²⁵I-labeled CXCL10 was produced with the iodogenic method. Allograft/isograft mice were examined with whole body autoradiography and ex vivo biodistribution after tail vein injection of ¹²⁵I-labeled CXCL10 on day 8 posttransplant.

結果:

¹²⁵I標識CXCL10は、高い特異性と親和性を持って調製されました。生物分配の結果、¹²⁵I標識CXCL10がアログラフト組織でより高い取り込みを示しました。24時間後の標的と非標的の比率は3.01±0.25であり、アイソグラフト群よりも高い結果となった。¹²⁵I標識CXCL10の薬物動態解析では、分布半減期は0.34時間、排泄半減期は9.83時間でした。¹²⁵I標識CXCL10の動的全身オートラジオグラフィー画像は、すべてのチェックポイントにおいて、アイソグラフト群と比較して、全移植片において優れたグラフトの可視化を示し、可視化は12時間と24時間でより明確になりました。

RESULTS: CXCR3 expression was higher in allograft tissue than in isograft control. ¹²⁵I-labeled CXCL10 was prepared with high specificity and affinity. Biodistribution results showed higher ¹²⁵I-labeled CXCL10 uptake in allograft tissue. The target-to-nontarget ratio was 3.01 ± 0.25 at 24 hours, a result higher than that shown in the isograft group. Pharmacokinetic analyses of ¹²⁵I-labeled CXCL10 showed that distribution half-life was 0.34 hour and the elimination half-life was 9.83 hours. Dynamic whole body autoradiography images of ¹²⁵I-labeled CXCL10 showed excellent graft visualization in the allograft compared with the isograft group at all checking points, with visualization much more obvious at 12 and 24 hours.

結論:

これらのデータは、CXCR3が早期急性拒絶反応における免疫細胞浸潤の有望なイメージングターゲットであり、¹²⁵I標識CXCL10は良好な薬物動態で急性拒絶反応のイメージングに成功することを示唆しています。

CONCLUSIONS: These data suggest that CXCR3 is a promising imaging target for immune cell infiltration in early-stage acute rejection and ¹²⁵I-labeled CXCL10 can successfully image acute rejection with good pharmacokinetics.