国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ウイルスサイレンシングサプレッサーと細胞タンパク質は、植物RRP6様エキソリボヌクレアーゼとパートナーを組む | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Virus Genes.2020 Jun;10.1007/s11262-020-01775-z. doi: 10.1007/s11262-020-01775-z.Epub 2020-06-09.

ウイルスサイレンシングサプレッサーと細胞タンパク質は、植物RRP6様エキソリボヌクレアーゼとパートナーを組む

Viral silencing suppressors and cellular proteins partner with plant RRP6-like exoribonucleases.

  • Miguel Ángel Freire
PMID: 32519287 DOI: 10.1007/s11262-020-01775-z.

抄録

RNAサイレンシングとRNA崩壊は機能的に交錯し、遺伝子発現を調節し、抗ウイルス応答において極めて重要な役割を果たしている。対抗防御戦略として、多くの植物および哺乳類ウイルスは、両方のメカニズムを妨害するサプレッサーをコードしている。しかし、これらの経路をつなぐタンパク質の相互作用については、未だ解明されていない。これまでの研究では、異なるポチウイルス由来のRNAサイレンシングサプレッサーが、翻訳開始因子EIF(iso)4Eとともに、RNA崩壊エキソソーム複合体の構成要素であるタバコエキソリボヌクレアーゼRRP6-like 2のC末端領域と相互作用していることが報告されている。ここでは、他のウイルスサイレンシングサプレッサーや細胞タンパク質もRRP6様エキソリボヌクレアーゼと結合する可能性があるかどうかを調べた。酵母2ハイブリッ ドタンパク質相互作用アッセイに基づく候補探索アプローチにより、他の3種類の無関係なウイルスサイレンシングサプレッサー(植物ウイルス由来の2種類と哺乳類ウイルス由来の1種類)が、タバコのRRRP6様2のC末端、シロイヌナズナRRRP6L1タンパク質の全長およびそのC末端領域に結合していることが明らかになった。さらに、RRP6様タンパク質は、RNAサイレンシングに関与する細胞性二本鎖RNA結合タンパク質(DRB)ファミリーのメンバーと相互作用することが判明した。RRP6Lタンパク質のC末端領域は、ホモタイプおよびヘテロタイプの相互作用に関与しており、無秩序であることが予測された。これらの結果をまとめると、ウイルスサイレンシングサプレッサーが標的とするRNA崩壊とRNAサイレンシングの構成要素をつなぐタンパク質相互作用ネットワークが示唆される。

RNA silencing and RNA decay are functionally interlaced, regulate gene expression and play a pivotal role in antiviral responses. As a counter-defensive strategy, many plant and mammalian viruses encode suppressors which interfere with both mechanisms. However, the protein interactions that connect these pathways remain elusive. Previous work reported that RNA silencing suppressors from different potyviruses, together with translation initiation factors EIF(iso)4E, interacted with the C-terminal region of the tobacco exoribonuclease RRP6-like 2, a component of the RNA decay exosome complex. Here, we investigate whether other viral silencing suppressors and cellular proteins might also bind RRP6-like exoribonucleases. A candidate search approach based on yeast two-hybrid protein interaction assays showed that three other unrelated viral suppressors, two from plant viruses and one from a mammalian virus, bound the C-terminus of the tobacco RRP6-like 2, the full-length of the Arabidopsis RRP6L1 protein and its C-terminal region. In addition, RRP6-like proteins were found to interact with members of the cellular double-stranded RNA-binding protein (DRB) family involved in RNA silencing. The C-terminal regions of RRP6L proteins are engaged in homotypic and heterotypic interactions and were predicted to be disordered. Collectively, these results suggest a protein interaction network that connects components of RNA decay and RNA silencing that is targeted by viral silencing suppressors.