会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

骨性骨腫に対するCTガイド下ラジオ波焼灼術:システマティックレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur Radiol.2020 Jun;10.1007/s00330-020-06970-y. doi: 10.1007/s00330-020-06970-y.Epub 2020-06-09.

骨性骨腫に対するCTガイド下ラジオ波焼灼術:システマティックレビュー

CT-guided radiofrequency ablation for osteoid osteomas: a systematic review.

  • Mickael Tordjman
  • Laetitia Perronne
  • Guillaume Madelin
  • Rahul D Mali
  • Christopher Burke
PMID: 32518986 DOI: 10.1007/s00330-020-06970-y.

抄録

目的:

CT ガイドラジオ波焼灼術(CT-RFA)は、変形性骨腫(OO)治療のゴールドスタンダードと考えられているが、治療失敗(TF)が報告され続けている。このシステマティックレビューは、切除時間、病変部位、患者の年齢などの治療失敗に関連する因子を評価し、治療失敗の傾向を評価することを目的として実施された。

OBJECTIVES: CT-guided radiofrequency ablation (CT-RFA) is considered to be the gold standard for treatment of osteoid osteoma (OO) yet treatment failures (TFs) continue to be reported. This systematic review was conducted to evaluate factors associated with TF, such as ablation time, lesion location, and patient age as well as evaluating how TF has trended over time.

方法:

2002年から2019年の間に発表されたOOのCT-RFAを受けた患者を報告する原著研究を同定した。TFは、(1)再発性または持続性の疼痛+/- (2)持続性のOOOの画像証拠を有する患者と定義した。TFは、指標手技後に発生したもの(一次TF)と、RFAを繰り返した後に発生したもの(二次TF)に細分化した。サブグループ解析は、試験日(2002-2010年または2010-2019年)、90℃でのアブレーション時間(6分または6分以上)、患者の年齢、腫瘍の位置(脊髄対虫垂)に基づいて行われた。

METHODS: Original studies reporting on patients undergoing CT-RFA of OO published between 2002 and 2019 were identified. TF was defined as patients with (1) recurrent or persistent pain +/- (2) imaging evidence of persistent OO. TFs were subdivided into those occurring after the index procedure (primary TF) or those occurring after repeat RFA (secondary TF). Subgroup analysis was performed for TF based on the study date (2002-2010 or 2010-2019), time duration of ablation at 90 °C (6 min or > 6 min), patient age, and tumor location (spinal vs. appendicular).

結果:

69件の研究が含まれ、合計3023人の患者が対象となった。全世界の一次TF率は8.3%であったが、二次TF率は3.1%であった。2011年以降に発表された研究で報告されたTF率は7%であり、それ以前の2002-2010年の14%と比較して約半分であった。年齢、OO部位、アブレーション期間を補正した場合のTFには統計的な差はなかった(それぞれp=0.39、0.13、0.23)。全世界的な合併症率は3%で、最も多かったのは皮膚熱傷(n=24; 0.7%)であった。

RESULTS: Sixty-nine studies were included for a total of 3023 patients. The global primary TF rate was 8.3% whereas the secondary TF rate was 3.1%. The TF rate reported in studies published after 2011(7%) was about half that during the earlier time period 2002-2010 (14%). There was no statistical difference in TF corrected for age, OO location, or duration of ablation (respectively p = 0.39, 0.13, and 0.23). The global complication rate was 3%, the most frequent being skin burns (n = 24; 0.7%).

結論:

2011年から2019年の間に2002年から2010年に比べてTFが減少しているのは、術者の技術の向上や機器の進歩を反映している可能性がある。アブレーションの期間、患者の年齢、OOの位置はTFとの有意な相関は認められなかった。

CONCLUSIONS: A decrease in TF observed between 2011-2019 compared to 2002-2010 may reflect improvements in operator technique or advancements in equipment. Duration of ablation, patient age, or location of OO failed to significantly correlate with TF.

キーポイント:

- CTガイド下での骨腫に対するラジオ波焼灼術は安全な技術であり、治療失敗率は低い(1次ラジオ波焼灼術後の失敗率は8.3%、2次治療後の失敗率は3.1%)。 治療失敗率は時間の経過とともに減少しているが、これは疾患過程の理解の向上、技術の向上、機器の進歩によるものと思われる。

KEY POINTS: • CT-guided radiofrequency ablation of osteoid osteomas is a safe technique with a low rate of treatment failure (8.3% failure rate after the primary radiofrequency reducing to 3.1% following a secondary treatment). • The treatment failure rate has decreased over time, possibly due to an improved understanding of the disease process, better technique, and advances in equipment. • Duration of ablation, patient age, or lesion location did not significantly correlate with treatment failure.