会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

心房間ブロック、左房線維症、機械的同期不全との関連性:心電図と磁気共鳴画像の相関 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Cardiovasc. Electrophysiol..2020 Jul;31(7):1719-1725. doi: 10.1111/jce.14608.Epub 2020-06-15.

心房間ブロック、左房線維症、機械的同期不全との関連性:心電図と磁気共鳴画像の相関

Association between interatrial block, left atrial fibrosis, and mechanical dyssynchrony: Electrocardiography-magnetic resonance imaging correlation.

  • Luisa Ciuffo
  • Vanesa Bruña
  • Manuel Martínez-Sellés
  • Henrique Doria de Vasconcellos
  • Susumu Tao
  • Tarek Zghaib
  • Saman Nazarian
  • David D Spragg
  • Joseph Marine
  • Ronald D Berger
  • Joao A C Lima
  • Hugh Calkins
  • Antonio Bayés-de-Luna
  • Hiroshi Ashikaga
PMID: 32510679 DOI: 10.1111/jce.14608.

抄録

序論:

12リード心電図(ECG)上の進行した心房間ブロック(IAB)は、カテーテルアブレーション後の脳卒中、心房細動(AF)の偶発症、心房細動の再発の予測因子である。本研究の目的は、IABの構造的リモデリングのどのような特徴が左心房(LA)磁気共鳴画像の構造と機能に関連しているかを明らかにすることであった。

INTRODUCTION: Advanced interatrial block (IAB) on a 12-lead electrocardiogram (ECG) is a predictor of stroke, incident atrial fibrillation (AF), and AF recurrence after catheter ablation. The objective of this study was to determine which features of IAB structural remodeling is associated with left atrium (LA) magnetic resonance imaging structure and function.

方法・結果:

我々は、心房細動のカテーテルアブレーション前に洞調律で心電図と心臓磁気共鳴(CMR)を受けた152人の連続した患者(23%が非発作性心房細動)を対象とした。IABはP波の持続時間が120ms以上と定義され、P波が陽性の場合は部分的、P波が下側リードで二相性の形態を示す場合は進行していると考えられた。シネCMRと後期ガドリニウム増強から、LAの最大値と最小値の体積指標、ひずみ、LA線維化、およびLAの非同期性を導き出した。合計77例(発作性50.7%)でP波が正常、52例(34.2%)が部分的IAB、23例(15.1%)が進行性IABであった。進行性IAB患者は、進行していない患者に比べて、LA最小容積指数が有意に高く(25.7 vs 19.9mL/m、P=0.010)、LA線維化が多く(21.9 vs 13.1%、P=0.020)、LA最大歪率が低かった(0.99 vs 1.18、P=0.007)。進行したIABはLAと独立して関連していた(最小値[P=.032]、線維化[P=.009])。また、P波持続時間はLA線維化(β=.33;P=.049)およびLA機械的同期不全(β=2.01;P=.007)と独立して関連していた。

METHODS/RESULTS: We included 152 consecutive patients (23% nonparoxysmal AF) who underwent preprocedural ECG and cardiac magnetic resonance (CMR) in sinus rhythm before catheter ablation of AF. IAB was defined as P-wave duration ≥120 ms, and was considered partial if P-wave was positive and advanced if P-wave had a biphasic morphology in inferior leads. From cine CMR and late gadolinium enhancement, we derived LA maximum and minimum volume indices, strain, LA fibrosis, and LA dyssynchrony. A total of 77 patients (50.7% paroxysmal) had normal P-wave, 52 (34.2%) partial IAB, and 23 (15.1%) advanced IAB. Patients with advanced IAB had significantly higher LA minimum volume index (25.7 vs 19.9 mL/m , P = .010), more LA fibrosis (21.9% vs 13.1%, P = .020), and lower LA maximum strain rate (0.99 vs 1.18, P = .007) than those without. Advanced IAB was independently associated with LA (minimum [P = .032] and fibrosis [P = .009]). P-wave duration was also independently associated with LA fibrosis (β = .33; P = .049) and LA mechanical dyssynchrony (β = 2.01; P = .007).

結論:

進行したIABは、LAの容積が大きく、空洞率が低く、線維化が多いことと関連している。また、P波持続時間が長いこともLA線維化の増加とLA機械的同期不全の増加と関連している。

CONCLUSION: Advanced IAB is associated with larger LA volumes, lower emptying fraction, and more fibrosis. Longer P-wave duration is also associated with more LA fibrosis and higher LA mechanical dyssynchrony.

© 2020 Wiley Periodicals LLC.