会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

常染色体優性多嚢胞性腎疾患における腎予後予測における画像分類に加えて尿中アンジオテンシノーゲン | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Korean Med. Sci..2020 Jun;35(22):e165. 35.e165. doi: 10.3346/jkms.2020.35.e165.Epub 2020-06-08.

常染色体優性多嚢胞性腎疾患における腎予後予測における画像分類に加えて尿中アンジオテンシノーゲン

Urinary Angiotensinogen in addition to Imaging Classification in the Prediction of Renal Outcome in Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease.

  • Hayne Cho Park
  • Juhee Kim
  • AJin Cho
  • Do Hyoung Kim
  • Young Ki Lee
  • Hyunjin Ryu
  • Hyunsuk Kim
  • Kook Hwan Oh
  • Yun Kyu Oh
  • Young Hwan Hwang
  • Kyu Beck Lee
  • Soo Wan Kim
  • Yeong Hoon Kim
  • Joongyub Lee
  • Curie Ahn
PMID: 32508065 PMCID: PMC7279941. DOI: 10.3346/jkms.2020.35.e165.

抄録

背景:

常染色体優性多嚢胞性腎疾患(ADPKD)では、腎内レニン-アンジオテンシン系(RAS)が高血圧症の発症や腎進行に大きな役割を果たしていることが知られている。尿中アンジオテンシノーゲン/クレアチニン比(AGT/Cr)は、腎内RAS活性を反映する新しいバイオマーカーとして示唆されている。本研究は、ADPKDのプロスペクティブコホートを対象に、画像による分類に加えて、腎機能低下の予測バイオマーカーとして尿中のAGT/Crを評価することを目的とした。

BACKGROUND: Intrarenal renin-angiotensin system (RAS) is known to play the major role in the development of hypertension and renal progression in autosomal dominant polycystic kidney disease (ADPKD). Urinary angiotensinogen to creatinine ratio (AGT/Cr) was suggested as a novel biomarker to reflect intrarenal RAS activity. This study was performed to evaluate urinary AGT/Cr as a predictive biomarker for renal function decline in addition to imaging classification in a prospective ADPKD cohort.

方法:

2011年から2016年にかけて、KoreaN Cohort Study for Outcomes in Patients With Chronic Kidney Disease(KNOW-CKD)と呼ばれるプロスペクティブコホートに合計364人のADPKD患者が登録されました。このうち、ベースラインの尿中AGTと総腎容積、およびその後の1年以上の腎機能追跡データを有する慢性腎臓病ステージ1~4の合計207人の患者が解析に含まれています。画像分類で1Aまたは1Bに分類された患者を緩徐進行(SP)、1C~1Eに分類された患者を急速進行(RP)と定義した。患者をAGT/Crの四分位別に分け、年間推定糸球体濾過率(eGFR)の傾きを、最も高い四分位(hAGT群)とそれ以外の四分位(lAGT群)で比較した。患者を4群に分け、画像分類に加えて尿中AGT/Crの予測値を評価した。SP/lAGT群、SP/hAGT群、RP/lAGT群、RP/hAGT群とした。群間のハザード比(HR)の評価には Cox 回帰モデルを用いた。

METHODS: From 2011 to 2016, a total of 364 ADPKD patients were enrolled in the prospective cohort called the KoreaN Cohort Study for Outcomes in Patients With Chronic Kidney Disease (KNOW-CKD). Among them, a total of 207 subjects in chronic kidney disease stage 1-4 with baseline urinary AGT and total kidney volume and subsequent renal function follow-up data over more than 1 year were included in the analysis. Patients were defined as slow progressors (SP) if they are classified as 1A or 1B by imaging classification whereas rapid progressors (RP) if they are classified as 1C-1E. Patients were divided according to AGT/Cr quartiles and annual estimated glomerular filtration rate (eGFR) slope was compared among highest quartile (hAGT group) and the rest of quartiles (lAGT group). Patients were divided into 4 groups to evaluate the predictive value of urinary AGT/Cr in addition to imaging classification: SP/lAGT, SP/hAGT, RP/lAGT, and RP/hAGT. The Cox regression model was used to evaluate the hazard ratio (HR) between groups.

結果:

平均年齢は45.9歳で、88.9%が高血圧症であった。ベースラインのeGFRは79.0±28.4mL/min/1.73m²、身長調整済み総腎容積中央値は788.2(471.2;1,205.2)mL/mであった。hAGT群の患者は、低eGFR(72.4 ± 24.8 vs. 81.1 ± 29.2 mL/min/1.73 m², = 0.039)、低血漿ヘモグロビン(13.0 ± 1.4 vs. 13.7 ± 1.1m², = 0.039)、低血漿ヘモグロビン(13.0 ± 1.4 vs. 13.7 ± 1.1m², = 0.039)を示した。13.7 ± 1.6 g/dL、=0.007)、lAGT群と比較して高い尿蛋白/クレアチニン比(0.14 [0.09、0.38] vs. 0.07 [0.04、0.12] g/g、=0.007)であった。hAGT群は、性別、RP、ベースラインのeGFR、およびその他の既知の危険因子を調整した後、eGFRの低下が早くなる独立した危険因子であった。追跡期間中央値4.6年の間に、合計29件の腎イベント(14.0%)が発生した。SP/hAGT群はSP/lAGT群と比較して有意に高い腎イベント発生リスクを示した(HR、13.4;95%信頼区間、1.282-139.324;=0.03)。

RESULTS: The mean age was 45.9 years and 88.9% had hypertension. Baseline eGFR was 79.0 ± 28.4 mL/min/1.73 m² and median height-adjusted total kidney volume was 788.2 (471.2; 1,205.2) mL/m. The patients in the hAGT group showed lower eGFR (72.4 ± 24.8 vs. 81.1 ± 29.2 mL/min/1.73 m², = 0.039), lower plasma hemoglobin (13.0 ± 1.4 vs. 13.7 ± 1.6 g/dL, = 0.007), higher urinary protein to creatinine ratio (0.14 [0.09, 0.38] vs. 0.07 [0.04, 0.12] g/g, = 0.007) compared to the lAGT group. The hAGT group was an independent risk factor for faster eGFR decline after adjusting for gender, RP, baseline eGFR, and other known risk factors. During median follow-up duration of 4.6 years, a total of 29 renal events (14.0%) occurred. The SP/hAGT group showed significantly higher risk of developing renal outcome compared to SP/lAGT group (HR, 13.4; 95% confidence interval, 1.282-139.324; = 0.03).

結論:

尿中AGT/Crは、比較的軽度のADPKD患者において有用な予測マーカーとなる可能性があります。ADPKD患者に新規治療を実施する際には、RPを定義するために様々なバイオマーカーを考慮する必要があります。

CONCLUSION: Urinary AGT/Cr can be a useful predictive marker in the patients with relatively small ADPKD. Various biomarkers should be considered to define RP when implementing novel treatment in the patients with ADPKD.

© 2020 The Korean Academy of Medical Sciences.