会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

非定型Wiskott-Aldrich症候群を呈する南アフリカの患者における新規WAS突然変異の同定:症例報告 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Med. Genet..2020 Jun;21(1):124. 10.1186/s12881-020-01054-6. doi: 10.1186/s12881-020-01054-6.Epub 2020-06-05.

非定型Wiskott-Aldrich症候群を呈する南アフリカの患者における新規WAS突然変異の同定:症例報告

Identification of a novel WAS mutation in a South African patient presenting with atypical Wiskott-Aldrich syndrome: a case report.

  • Brigitte Glanzmann
  • Marlo Möller
  • Mardelle Schoeman
  • Michael Urban
  • Paul D van Helden
  • Lisa Frigati
  • Ravnit Grewal
  • Hermanus Pieters
  • Ben Loos
  • Eileen G Hoal
  • Richard H Glashoff
  • Helena Cornelissen
  • Helena Rabie
  • Monika M Esser
  • Craig J Kinnear
PMID: 32503528 PMCID: PMC7275612. DOI: 10.1186/s12881-020-01054-6.

抄録

背景:

X-linked recessive primary immunodeficiency disease(PIDD)Wiskott-Aldrich syndrome(WAS)は、感染症、湿疹、小血小板を伴う血小板減少症に対する極端な感受性によって同定されます。ウィスコット・アルドリッチタンパク(WASp)をコードするWAS遺伝子の突然変異に起因するこの症候群は、古典的なWASからXリンク血小板減少症やXリンク好中球減少症に至るまで、幅広い臨床表現型のバリエーションを有しています。多くの場合、最初に罹患した男性のWASの診断は、患者が他の血小板減少症の原因と交差する古典的な徴候や症状を呈していない可能性があるため、遅れている。

BACKGROUND: The X-linked recessive primary immunodeficiency disease (PIDD) Wiskott-Aldrich syndrome (WAS) is identified by an extreme susceptibility to infections, eczema and thrombocytopenia with microplatelets. The syndrome, the result of mutations in the WAS gene which encodes the Wiskott-Aldrich protein (WASp), has wide clinical phenotype variation, ranging from classical WAS to X-linked thrombocytopaenia and X-linked neutropaenia. In many cases, the diagnosis of WAS in first affected males is delayed, because patients may not present with the classic signs and symptoms, which may intersect with other thrombocytopenia causes.

ケースプレゼンテーション:

ここでは、再発感染、皮膚発疹、自己免疫、アトピーを呈した3歳のHIV陰性の男児の症例を紹介する。しかし、ベースラインの免疫検査では血小板の数と形態は正常であったと報告されている。高齢の男性の兄弟は、免疫不全の疑いで乳児期に死亡していた。診断の不確かさと重度のPIDDが疑われたため,緊急に分子レベルでの調査が行われた.全エクソームシークエンシングの結果、WASのエクソン4に位置する新規のヘミ接合性ミスセンス変異としてc. 397G>Aが同定された。

CASE PRESENTATION: Here, we describe a three-year-old HIV negative boy presenting with recurrent infections, skin rashes, features of autoimmunity and atopy. However, platelets were initially reported as normal in numbers and morphology as were baseline immune investigations. An older male sibling had died in infancy from suspected immunodeficiency. Uncertainty of diagnosis and suspected severe PIDD prompted urgent further molecular investigation. Whole exome sequencing identified c. 397 G > A as a novel hemizygous missense mutation located in exon 4 of WAS.

結論:

決定的な分子診断があれば、治療のターゲットを絞ることができ、家族に遺伝カウンセリングや出生前診断検査を提供することができます。症候群の表現型の変異を確認するためには、新規変異体の同定が重要である。

CONCLUSION: With definitive molecular diagnosis, we could target treatment and offer genetic counselling and prenatal diagnostic testing to the family. The identification of novel variants is important to confirm phenotype variations of a syndrome.