国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

身体拘束の使用-インド、ウッタラカンド州の第三次医療機関の看護師の知識と態度 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Educ Health Promot.2020;9:77. JEHP-9-77. doi: 10.4103/jehp.jehp_451_19.Epub 2020-03-31.

身体拘束の使用-インド、ウッタラカンド州の第三次医療機関の看護師の知識と態度

The use of physical restraints- knowledge and attitude of nurses of a tertiary care institute, Uttarakhand, India.

  • Sukhman Mehrok
  • C Xavier Belsiyal
  • Parveen Kamboj
  • Amali Mery
PMID: 32490012 PMCID: PMC7255578. DOI: 10.4103/jehp.jehp_451_19.

抄録

背景:

医療現場での身体拘束の使用は、身体的、心理的、司法的、倫理的、道徳的な問題があり、一般的で複雑な実践である。看護師は病院での身体拘束の使用に関するキーパーソンであり、意思決定、適用、拘束された患者のケアに始まり、全体のプロセスを管理しています。看護師の身体拘束の使用に対する理解不足や否定的な態度は、患者の安全性を阻害することになる。

BACKGROUND: The use of physical restraint in health-care settings is common and complex practice as it has physical, psychological, judicial, ethical, and moral issues. Nurses are the key persons regarding physical restraint use in hospitals as they are managing the whole process beginning with decision-making, application, caring the restrained patients. Lack of understanding and negative attitude of nurses in the use of physical restraints will hamper patient safety.

資料および方法:

2019年にインドのウッタラクハン州にある第三次医療センターで様々な部署に勤務する看護師110名を対象に記述的横断的調査を実施した。データは、人口統計学的情報、知識評価質問票、拘束具の使用に関する態度評価尺度の3つの部分からなる自己申告式質問票を用いて収集した。データの分析は、SPSSバージョン23の記述統計(頻度、パーセンテージ、平均、平均パーセンテージ、標準偏差)と推論統計(Mann-Whitney検定、独立-検定)を用いて行った。

MATERIALS AND METHODS: A descriptive cross-sectional survey was carried out among 110 rando mly selected nurses working in various departments at a tertiary care center Uttarakhand, India, in 2019. The data were collected using self-reported questionnaires consisting of three parts: demographic information, knowledge assessment questionnaire, and attitude rating scale regarding the use of restraints. Data were analyzed using the SPSS version 23 descriptive (frequency, percentage, mean, mean percentage, and standard deviation) and inferential statistics (Mann-Whitney and independent -test).

結果:

その結果、看護師の身体拘束に関する知識と態度の平均値は、それぞれ13.9±1.9(0~20点)、35.2±4.7(28~55点)であった。本研究の結果、身体拘束の使用に関する看護師の知識と態度の間には関係がないことが明らかになった(=0.084)。

RESULTS: The findings indicated that the mean knowledge and attitude of the nurses for physical restraints were 13.9 ± 1.9 (0-20 points), 35.2 ± 4.7 (28-55 points), respectively. The study revealed that there was no relationship found between knowledge and attitude of nurses regarding the use of physical restraints ( = 0.084).

結論:

看護師の身体拘束の使用に関する知識と態度は中程度であることがわかった。看護師が身体拘束の使用に関する知識と実践を向上させるためには、実地研修を行うことが強く推奨される。

CONCLUSION: The knowledge and attitude regarding the use of restraints among nurses were found to be moderate. In-service training is highly recommended for nurses to improve the knowledge and practices related to the use of physical restraint.

Copyright: © 2020 Journal of Education and Health Promotion.