会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

真菌性メラノニキアの皮膚鏡的所見 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Postepy Dermatol Alergol.2020 Apr;37(2):180-183. 40513. doi: 10.5114/ada.2020.94836.Epub 2020-05-05.

真菌性メラノニキアの皮膚鏡的所見

Dermoscopic findings of fungal melanonychia.

  • Ömer Faruk Elmas
  • Mahmut Sami Metin
PMID: 32489351 PMCID: PMC7262796. DOI: 10.5114/ada.2020.94836.

抄録

症例紹介:

真菌性黒色腫(FM)の皮膚鏡的所見に関する研究は、症例報告を除けば非常に少ない。

Introduction: There are very few studies about dermoscopic findings of fungal melanonychia (FM) apart from the case reports.

目的:

FMの診断を容易にする真皮内視鏡所見を明らかにし、同定する。

Aim: To reveal and identify dermoscopic findings which facilitate diagnosis of the FM.

材料と方法:

本研究では、臨床病歴、身体検査、皮膚鏡所見、微生物学的調査に基づいてFMと診断された33人の患者から合計42本の爪を採取した。すべての皮膚鏡画像をレトロスペクティブにレビューし、同定された所見を1年間の期間で記録した。

Material and methods: The study included a total of 42 nails from 33 patients diagnosed with FM on the basis of the clinical history, physical examination, dermoscopic findings and microbiological investigation. All of the dermoscopic images were retrospectively reviewed and the findings identified were recorded in a period of 1 year.

結果:

最も一般的な症状は、均質な茶色の色素沈着(=15、35.7%)であった。他には、均質な黒(9, 21.4%)、均質な灰色(9, 21.4%)、塊状・粒状の黒(7, 16.6%)、不規則な縦方向の黒(4, 9.5%)の色素沈着が見られた。表面的な横縞が11本(26.1%)に認められた。20本(47.6%)では白色の縦縞が認められ、6本(14.2%)では遠位部に白色のギザギザが認められた。22本(52.3%)の爪に白い筋とギザギザが少なくとも1本見られた。4本(9.5%)の爪に偽ハッチンソン徴候が認められた。

Results: The most common presentation was homogenous brown pigmentation ( = 15, 35.7%). The other presentations included: homogenous black ( = 9, 21.4%), homogenous grey ( = 9, 21.4%), clumped/granular black ( = 7, 16.6%) and irregular longitudinal black ( = 4, 9.5%) pigmentation. Superficial transverse striation was observed in 11 (26.1%) nails. Twenty (47.6%) nails showed white streaks (white longitudinal striae) and 6 (14.2%) nails showed distal white jagged edge (also known as "spikes"). Twenty-two (52.3%) nails had at least one of white streaks and jagged edge findings. 4 (9.5%) nails showed pseudo Hutchinson's sign.

結論:

真菌性メラノニキアの皮膚鏡的所見については、我々の知る限りでは最も包括的な研究である。本研究では、真菌症に関連した白色の縦縞やギザギザ縁などの皮膚鏡的所見についても評価した。我々の研究は、これまでの研究と同様に、皮膚鏡検査がFMの診断に非常に有用な方法であることを示している。疾患期間の長さ、均一な色素沈着パターン、白い縦筋の存在、ギザギザした縁はFMの主な手がかりである。

Conclusions: To the best of our knowledge, this is the most comprehensive study regarding the dermoscopic patterns of FM. Here, we also evaluated onychomycosis associated dermoscopic findings like white longitudinal striae and jagged edges. Our study, along with the previous studies, showed that dermoscopy can be a very helpful method in the diagnosis of FM. Long disease duration, homogenous pigmentation pattern, presence of white streaks and jagged edges are the main clues to FM.

Copyright: © 2020 Termedia Sp. z o. o.