会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

気管支肺胞胆汁酸および炎症性マーカーを測定し、逆流および微小吸引を有する高リスク肺移植患者を同定した | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Heart Lung Transplant..2020 May;S1053-2498(20)31558-8. doi: 10.1016/j.healun.2020.05.006.Epub 2020-05-19.

気管支肺胞胆汁酸および炎症性マーカーを測定し、逆流および微小吸引を有する高リスク肺移植患者を同定した

Bronchoalveolar bile acid and inflammatory markers to identify high-risk lung transplant recipients with reflux and microaspiration.

  • Chen Yang Kevin Zhang
  • Musawir Ahmed
  • Ella Huszti
  • Liran Levy
  • Sarah E Hunter
  • Kristen M Boonstra
  • Sajad Moshkelgosha
  • Andrew T Sage
  • Sassan Azad
  • Ricardo Zamel
  • Rasheed Ghany
  • Jonathan C Yeung
  • Oscar M Crespin
  • Courtney Frankel
  • Marie Budev
  • Pali Shah
  • John M Reynolds
  • Laurie D Snyder
  • John A Belperio
  • Lianne G Singer
  • S Samuel Weigt
  • Jamie L Todd
  • Scott M Palmer
  • Shaf Keshavjee
  • Tereza Martinu
PMID: 32487471 DOI: 10.1016/j.healun.2020.05.006.

抄録

背景:

胃食道逆流症(GERD)は慢性肺移植片機能不全の危険因子である。胃微吸のマーカーと考えられる胆汁酸と気管支肺胞液(BAL)中の炎症性蛋白質は慢性肺移植片機能障害と関連しているが、GERDとの関連は明らかにされていない。GERDは慢性的な微小吸引を促進すると考えられているが、逆流防止手術の対象となる患者の選択は正確性に欠ける。この多施設共同研究では、BAL胆汁酸とGERD、肺炎、アログラフト機能、逆流防止手術との関連を検証することを目的とした。

BACKGROUND: Gastroesophageal reflux disease (GERD) is a risk factor for chronic lung allograft dysfunction. Bile acids-putative markers of gastric microaspiration-and inflammatory proteins in the bronchoalveolar lavage (BAL) have been associated with chronic lung allograft dysfunction, but their relationship with GERD remains unclear. Although GERD is thought to drive chronic microaspiration, the selection of patients for anti-reflux surgery lacks precision. This multicenter study aimed to test the association of BAL bile acids with GERD, lung inflammation, allograft function, and anti-reflux surgery.

方法:

GERDの有無にかかわらず、移植後最初の1年間に得られたBALと、別のコホートから得られたNissen fundoplicationの逆流防止手術前後のBALを分析した。タウロコール酸(TCA)、グリココール酸、コール酸の濃度を質量分析法を用いて測定した。炎症および損傷のタンパク質マーカーは、マルチプレックスアッセイおよび酵素結合免疫吸着アッセイを用いて測定した。

METHODS: We analyzed BAL obtained during the first post-transplant year from a retrospective cohort of patients with and without GERD, as well as BAL obtained before and after Nissen fundoplication anti-reflux surgery from a separate cohort. Levels of taurocholic acid (TCA), glycocholic acid, and cholic acid were measured using mass spectrometry. Protein markers of inflammation and injury were measured using multiplex assay and enzyme-linked immunosorbent assay.

結果:

移植後3ヵ月後のGERD患者のBALでは、TCA、IL-1β、IL-12p70、CCL5がGERDなしの対照群に比べて高値を示した。TCAとグリココール酸の上昇は、急性肺移植片機能不全と炎症性蛋白質の上昇と関連していた。逆流防止手術後のBALは逆流防止手術前と比較してTCAと炎症性蛋白質が減少していた。

RESULTS: At 3 months after transplantation, TCA, IL-1β, IL-12p70, and CCL5 were higher in the BAL of patients with GERD than in that of no-GERD controls. Elevated TCA and glycocholic acid were associated with concurrent acute lung allograft dysfunction and inflammatory proteins. The BAL obtained after anti-reflux surgery contained reduced TCA and inflammatory proteins compared with that obtained before anti-reflux surgery.

結論:

TCAと選択された炎症性タンパク質の標的的モニタリングは、逆流と微小吸引が疑われる肺移植患者において、診断をサポートし、治療を導くために有用である可能性がある。バイオマーカーレベルが上昇している患者は、逆流防止手術によって微小吸引と移植片の炎症を軽減することが最も有益であると考えられる。

CONCLUSIONS: Targeted monitoring of TCA and selected inflammatory proteins may be useful in lung transplant recipients with suspected reflux and microaspiration to support diagnosis and guide therapy. Patients with elevated biomarker levels may benefit most from anti-reflux surgery to reduce microaspiration and allograft inflammation.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.