会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

分離した歯内療法器具の除去に対する超音波チップと寺内ファイル回収キットの有効性を比較評価した | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Restor Dent Endod.2020 May;45(2):e14. 2020450503. doi: 10.5395/rde.2020.45.e14.Epub 2020-02-06.

分離した歯内療法器具の除去に対する超音波チップと寺内ファイル回収キットの有効性を比較評価した

Comparative evaluation of the effectiveness of ultrasonic tips versus the Terauchi file retrieval kit for the removal of separated endodontic instruments.

  • Preeti Jain Pruthi
  • Ruchika Roongta Nawal
  • Sangeeta Talwar
  • Mahesh Verma
PMID: 32483532 PMCID: PMC7239682. DOI: 10.5395/rde.2020.45.e14.

抄録

目的:

本研究の目的は、破損した歯内療法器具の除去に対する超音波チップと寺内ファイル検索キット(TFRK)の有効性を比較評価することであった。

Objective: The aim of this study was to perform a comparative evaluation of the effectiveness of ultrasonic tips versus the Terauchi file retrieval kit (TFRK) for the removal of broken endodontic instruments.

材料と方法:

根管曲率が中程度のヒトの第一下顎臼歯を合計80本抜歯した。アクセスキャビティの準備に続いて、すべての歯の中臀部の根管にサイズ10/15のKファイルを使用して根管の開存性を確認した。各40本の歯を2つのグループに分けた:Pグループ(ProUltraチップ)とTグループ(TFRK)。各グループはさらに、ProTaper F1回転式インストゥルメントが冠状3分の1(PCおよびTCグループを構成するC)または中3分の1(PMおよびTMグループを構成するM)のいずれかで破折しているかどうかによって、それぞれ20本の歯からなる2つの小さなグループに細分化された。装置の取り出しは、ProUltraチップまたはTFRKのいずれかを使用して行われた。

Materials and Methods: A total of 80 extracted human first mandibular molars with moderate root canal curvature were selected. Following access cavity preparation canal patency was established with a size 10/15 K-file in the mesiobuccal canals of all teeth. The teeth were divided into 2 groups of 40 teeth each: the P group (ProUltra tips) and the T group (TFRK). Each group was further subdivided into 2 smaller groups of 20 teeth each according to whether ProTaper F1 rotary instruments were fractured in either the coronal third (C constituting the PC and TC groups) or the middle third (M constituting the PM and TM groups). Instrument retrieval was performed using either ProUltra tips or the TFRK.

結果:

分離した器具の除去成功率はP群で90%、T群で95%であった(> 0.05) 平均除去時間は超音波チップの方がTFRKよりも長かった(> 0.05)。

Results: The overall success rate at removing the separated instrument was 90% in group P and 95% in group T ( > 0.05) The mean time for instrument removal was higher with the ultrasonic tips than with the TFRK ( > 0.05).

結論:

どちらのシステムも器具回収のための臨床ツールとしては問題ないが、TFRKのループ装置はProUltraチップに必要とされるよりもわずかに器用さを必要とする。

Conclusion: Both systems are acceptable clinical tools for instrument retrieval but the loop device in the TFRK requires slightly more dexterity than is needed for the ProUltra tips.

Copyright © 2020. The Korean Academy of Conservative Dentistry.