会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ポリアクリル酸ポリアルコール共重合体を用いた膀胱尿管逆流症の内視鏡的矯正後の閉塞性合併症のリスク因子。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Medicine (Baltimore).2020 May;99(22):e20386. 00005792-202005290-00070. doi: 10.1097/MD.0000000000020386.

ポリアクリル酸ポリアルコール共重合体を用いた膀胱尿管逆流症の内視鏡的矯正後の閉塞性合併症のリスク因子。

Risk factors for obstructive complications after endoscopic correction of vesico-ureteral reflux using polyacrylate polyalcohol copolymer.

  • Vladimir V Sizonov
  • Ilya M Kagantsov
  • Johannes M Mayr
  • Nail R Akramov
  • Aleksandr V Pirogov
  • Zhalil A Gasanov
PMID: 32481425 DOI: 10.1097/MD.0000000000020386.

抄録

小胞尿管逆流(VUR)の内視鏡的矯正(EC)後にポリアクリル酸-ポリアルコールコポリマー(PPC)を使用することは非常に有効であるが、他のインプラントと比較して閉塞性合併症(OC)のリスクが高いことが指摘されている。我々は、STROBEに準拠したレトロスペクティブ調査を実施し、PPCの実用的な安全性を高めるためにOCの危険因子を検討した。患者は2つのグループに細分化された。I群は、OCを伴わない754人(94.5%)の小児(女児449人[59.5%]、男児305人[40.5%])であった。年齢中央値は41ヵ月[Q1:18.0、Q3:81.0]であった。第2群はOCを経験した44例(5.5%)(男児29例[65.9%]、女児15例[34.1%])で、年齢中央値は21.5ヵ月[Q1:12.0、Q3:43.0]であった。臨床検査と腎超音波検査はEC後1日目と1ヵ月後に実施し,EC後は6ヵ月ごとに実施した。EC後約6ヵ月後のフォローアップ検査では、空腹時膀胱尿路造影検査(VCUG)を実施した。OCは798例中44例(5.5%)に発生し,中にはVUR矯正のために増量剤PPCを内視鏡的に注入してから60ヵ月後に発症した例もあった.一変量解析の結果、年齢が若い(P"Zs_200A"<"Zs_200A".001)、VURのグレードが高い(P"Zs_200A"<"Zs_200A".001)、男性性(P"Zs_200A"<"Zs_200A".001)、2回目の注入(P"Zs_200A"="Zs_200A".003)、ハイドロディステンションスインプラント法によるEC注入(HIT; P"Zs_200A"<"Zs_200A".001)が有意な危険因子を示した。多変量解析では、男性性(P"Zs_200A"="Zs_200A".0078)、若年性(P"Zs_200A"="Zs_200A".0044)、HIT法(P"Zs_200A"<"Zs_200A".0001)、2回目の注入(P"Zs_200A"="Zs_200A".04)のみが有意な危険因子となった。我々は、PPCを増量剤として使用したVURのEC後のOCのリスクと関連する因子として、若年性、男性性、高還流グレード、HIT手技、2回目の内視鏡注射を同定した。したがって、PPCを用いたECを受けた患者は、介入後少なくとも60ヶ月間、OCの発生をソノグラフでモニターする必要がある。

Use of polyacrylate-polyalcohol copolymer (PPC) after endoscopic correction (EC) of vesico-ureteral reflux (VUR) is highly effective but is associated with a higher risk of obstructive complications (OC) compared with other implants. We undertook a STROBE compliant retrospective investigation and studied the OC risk factors to increase the practical safety of PPC.Overall, 798 patients (464 [58.1%] girls and 334 [41.9%]) boys) from 5 hospitals in whom PPC was routinely used were evaluated retrospectively. The patients were subdivided into 2 groups. Group I consisted of 754 (94.5%) children (449 [59.5%] girls and 305 [40.5%] boys) without OC. Median age was 41 months [Q1: 18.0; Q3: 81.0]. Group II comprised 44 (5.5%) patients (29 [65.9%] boys and 15 [34.1%] girls) experiencing OC, and their median age was 21.5 months [Q1: 12.0; Q3: 43.0]. Clinical and renal ultrasound examinations were carried out 1 day and 1 month after EC, and then every 6 months after EC. At the follow-up examination approximately 6 months after EC, voiding cysto-urethrography (VCUG) was performed. All patients with OC underwent diuretic renography.OC occurred in 44 (5.5%) of 798 children, in some cases as late as 60 months after endoscopic injection of the bulking agent PPC for correction of VUR. Univariate analysis revealed that younger age (P < .001), higher grade of VUR (P < .001), male gender (P < .001), second injection (P = .003), and EC injection using hydrodistension implantation technique (HIT; P < .001) represented significant risk factors. At multivariate analysis, only male gender (P = .0078), younger age (P = .0044), HIT technique (P < .0001), and second injection (P = .04) represented significant risk factors for the occurrence of OC.We identified young age, male gender, high reflux grade, HIT technique, and second endoscopic injections as factors associated with the risk of OC after EC of VUR using PPC as a bulking agent. Thus, patients who have undergone EC with PPC must be monitored sonographically for occurrence of OC for at least 60 months after the intervention.