会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

甲状腺自己免疫を持つ甲状腺機能亢進症女性における体外受精卵胞液中のタンパク質発現プロファイルと妊娠成績の解析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
ACS Omega.2020 May;5(20):11439-11447. doi: 10.1021/acsomega.0c00463.Epub 2020-05-14.

甲状腺自己免疫を持つ甲状腺機能亢進症女性における体外受精卵胞液中のタンパク質発現プロファイルと妊娠成績の解析

Protein Expression Profile in IVF Follicular Fluid and Pregnancy Outcome Analysis in Euthyroid Women with Thyroid Autoimmunity.

  • Yuting Liu
  • Yijia Wu
  • Mingyuan Tian
  • Wenwen Luo
  • Chanyu Zhang
  • Yongjian Liu
  • Ke Li
  • Wei Cheng
  • Dongfang Liu
PMID: 32478232 PMCID: PMC7254522. DOI: 10.1021/acsomega.0c00463.

抄録

本研究の目的は、甲状腺自己抗体が卵胞液中のタンパク質発現に及ぼす影響と生殖補助技術の臨床転帰を調査することである。不妊治療を受けた合計 602 例の患者をスクリーニングした;甲状腺自己抗体陽性の 49 名の甲状腺機能亢進症女性と 63 名の陰性対照者を募集した。卵胞液サンプルはプロテオミクスを用いて解析した。卵胞液中の標的タンパク質のバリデーションは、パラレル反応モニタリングを用いて行った。卵胞液中に発現しているタンパク質の違い、臨床妊娠率、流産率、出生率を分析した。甲状腺自己免疫(TAI)群の臨床妊娠率と出産率は対照群よりも低かったが、TAI群の中絶率は対照群よりも高かった(いずれも<0.005)。TAI陽性群では、49個のタンパク質の発現が異なっていた。全タンパク質の Gene Ontology 二次アノテーションでは、5 種類のタンパク質が生殖過程に関連していることが判明した。パラレル反応モニタリングにより定量的に同定された 11 種類のタンパク質のうち、アンジオテンシノーゲンとフェチュイン-B が生殖に関連していた。本研究で同定されたこれらの異なる発現を持つタンパク質は、Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes pathway enrichment analysisによると、複数の経路が関与していることが明らかになった。本研究は、TAI陽性女性と対照女性との間で発現が異なるタンパク質が生殖過程と関連し、重要な生理的効果と密接に関連していることを示す証拠を提供している。

The objective of this study is to investigate the influence of the thyroid autoantibodies on the protein expression in follicular fluid and the clinical outcome of assisted reproductive technology. A total of 602 patients treated for infertility were screened; 49 euthyroid women who were positive for thyroid autoantibodies and 63 negative controls were recruited. Follicular fluid samples were analyzed using proteomics. Validation of target proteins in follicular fluid was performed by using parallel reaction monitoring. Differentially expressed proteins in follicular fluid, clinical pregnancy rate, abortion rate, and live-birth rate were analyzed. Clinical pregnancy rates and take-home baby rates in the thyroid autoimmunity (TAI) group were less than in the control group, but abortion rates in the TAI group were higher than in the control group (all < 0.005). A total of 49 proteins were differentially expressed in the TAI-positive group. In Gene Ontology secondary annotations of all the proteins identified, five types of proteins were associated with the reproductive process. Among 11 proteins quantitatively identified by parallel reaction monitoring, angiotensinogen and fetuin-B were associated with reproduction. These differentially expressed proteins identified in this study involved multiple pathways according to the Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes pathway enrichment analysis. Our study provides evidence that some differentially expressed proteins between TAI-positive women and controls were associated with the reproductive process and closely related to important physiologic effects, which could partially explain the underlying mechanism link between TAI and the adverse outcomes of assisted reproductive technology.

Copyright © 2020 American Chemical Society.