国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

再石灰化剤の有無にかかわらず、Er,Cr:YSGGレーザーを使用した場合に、原始歯のエナメル質侵食に及ぼす影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Lasers Med Sci.2020 May;10.1007/s10103-020-03015-0. doi: 10.1007/s10103-020-03015-0.Epub 2020-05-29.

再石灰化剤の有無にかかわらず、Er,Cr:YSGGレーザーを使用した場合に、原始歯のエナメル質侵食に及ぼす影響

Effect of the usage of Er,Cr:YSGG laser with and without different remineralization agents on the enamel erosion of primary teeth.

  • Nagehan Yilmaz
  • Ezgi Baltaci
  • Ozgul Baygin
  • Tamer Tüzüner
  • Serdar Ozkaya
  • Aykut Canakci
PMID: 32472426 DOI: 10.1007/s10103-020-03015-0.

抄録

本研究の目的は、エルビウム、クロム:イットリウム-スカンジウム-ガリウム-ガーネット(Er,Cr:YSGG)に関連する異なる再石灰化剤の効果を評価することであった(0.5W出力、20Hz周波数、60%水、40%空気、25mJパルスエネルギー、8.84J/cmフルエンス、60&#x3BC;sパルス持続時間、600&#x3BC;sパルス持続時間)。84J/cmのフルエンス、60μsのパルス持続時間、600μmの先端直径、ターゲットまでの距離は約1-1.5mm)のレーザー照射によるヒトの一次エナメル質中の炭酸飲料の消費によって誘発されるエロージョンに関する研究を行った。各グループには8つのグループと10本の原始歯が存在した。その分布は以下の通りであった:第1群:カゼインホスホペプチドアモルファスリン酸カルシウムフッ化物(CPP-ACPF)、第2群:Er,Cr:YSGGレーザー+CPP-ACPF、第3群:フッ素ワニス、第4群:Er,Cr.グループ4、Er,Cr:YSGGレーザー+フッ素ワニス;グループ5、ROCS®医療ミネラルゲル;グループ6、Er,Cr:YSGGレーザー+ROCS®医療ミネラルゲル;グループ7、Er,Cr:YSGGレーザー;およびグループ8、人工唾液。これらの群の試料を1日2回、6時間間隔で人工唾液と酸に浸漬し、15回の侵食サイクルに曝露した。Er,Cr:YSGGレーザーと再石灰化剤を併用した群では、先にレーザー塗布を行い、その後、再石灰化剤を各群で4分間塗布した。統計解析にはFriedmanおよびWilcoxonの符号付き順位検定とボンフェローニ補正を用い、有意水準はp<0.05とした。その結果、すべての薬剤でBL-RM期間間で統計学的に有意な差が認められた(第1群、第2群、第3群、第4群、第6群:p=0.005、p<0.017、第5群、第7群:p=0.007、p<0.017)。しかし、すべての薬剤は、DM-RM期間中に5群(p=0.074、p<0.017)を除いて、統計的に有意な再石灰化効果を示した(1、2、3、6、7群:p=0.005、p<0.017、4群:p=0.011、p<0.017)。レーザーと薬剤の併投与は、統計学的レベルでの違いは認められなかった(p=0.804、p>0.05)。この結果は、走査型電子顕微鏡(SEM)およびX線回折(XRD)分析によって支持された。この結果から、CPP-ACPFは、浸食エナメル質に対する再石灰化効果という点で顕著な影響を有しており、Er,Cr:YSGGレーザー単独では、XRD解析で決定された38.5%の修飾ハイドロキシアパタイト構造(HCaOPY)と関連している可能性があることが示唆された。

The aim of the present study was to evaluate the effects of different remineralization agents associated with erbium, chromium:yttrium-scandium-gallium-garnet (Er,Cr:YSGG) (0.5 W power, 20 Hz frequency, 60% water, 40% air, 25 mJ pulse energy, 8.84 J/cm fluence, 60 μs pulse duration, 600 μm tip diameter, and an approximate 1-1.5 mm distance to the target) laser irradiation on erosion induced by the consumption of carbonated drinks in human primary enamel. There were 8 groups and 10 primary teeth in each g0roup. The distribution was as follows: group 1, casein phosphopeptide-amorphous calcium phosphate with fluoride (CPP-ACPF); group 2, Er,Cr:YSGG laser+CPP-ACPF; group 3, fluor varnish; group 4, Er,Cr:YSGG Laser+fluoride varnish; group 5, ROCS® medical mineral gel; group 6, Er,Cr:YSGG laser + ROCS® medical mineral gel; group 7, Er,Cr:YSGG laser; and group 8, artificial saliva. The samples in the groups were submerged in artificial saliva and acid twice a day for 6 s at 6-h intervals and were then exposed to an erosion cycle 15 times. In the groups in which the Er,Cr:YSGG laser was applied in combination with the remineralization agents, the laser application was made first, and then the remineralization agents were applied for 4 min in each group. The Friedman and Wilcoxon signed-rank tests and the Bonferroni correction were used in statistical analyses, and the significance level was taken as p < 0.05. According to the results, all agents had a statistically significant difference (groups 1, 2, 3, 4, and 6: p = 0.005, p < 0.017; groups 5 and 7: p = 0.007, p < 0.017) between BL-RM periods. However, all agents had a statistically significant remineralization effect on primary teeth enamel (groups 1, 2, 3, 6, and 7: p = 0.005, p < 0.017; group 4: p = 0.011, p < 0.017) except that group 5 (p = 0.074, p < 0.017) between DM-RM periods. The coadministration of an agent with the laser did not make any difference at a statistical level (p = 0.804, p > 0.05). The results were supported by scanning electron microscopy (SEM) and X-ray diffraction (XRD) analysis. As a result of this study, CPP-ACPF had a notable impact in terms of the remineralization effect on eroded enamel, and the Er,Cr:YSGG laser alone may be an alternative method, which may be related to the modified hydroxyapatite structure, 38.5% HCaOPY, that was determined in XRD analysis.