会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

一次大臼歯冠のプロスペクティブ無作為化臨床試験。36ヵ月間の結果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am J Dent.2020 Jun;33(3):165-168.

一次大臼歯冠のプロスペクティブ無作為化臨床試験。36ヵ月間の結果

Prospective randomized clinical trial of primary molar crowns: 36-month results.

  • Kevin J Donly
  • Maria José C Méndez
  • Claudia I Contreras
  • Jungyi A Liu
PMID: 32470244

抄録

目的:

ジルコニア一次臼歯冠の臨床的成功をステンレス冠(SSC)と比較して評価すること。

PURPOSE: To clinically evaluate the clinical success of a primary zirconia molar crown, compared with stainless steel crowns (SSCs).

方法:

この無作為化比較臨床試験は、口唇分割試験として計画された。3~7歳の50名の被験者が募集され、第一大臼歯冠を必要とする50本の対の歯を提供し、各参加者にはSSCとジルコニア冠が与えられた。6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月の再来院時に修復物の評価を行い、歯肉の健康状態、クラウンの高咬合度の推定、表面の粗さ、クラウン表面の汚れ、対向アーチ歯の摩耗、色の適合性、解剖学的形態、縁部の完全性、縁部の変色、近位接触部、クラウン縁部の二次う蝕、クラウンの外観に対する保護者の満足度を調べた。

METHODS: This randomized, controlled clinical trial was designed as a split-mouth study. 50 subjects ranging in age from 3-7 years were recruited to provide a total of 50 paired teeth requiring primary molar crowns, each participant receiving a SSC and zirconia crown. Restorations were evaluated at 6-, 12-, 24-, and 36-month recall appointments examining the following criteria: gingival health, estimate of the degree crown was high in occlusion, surface roughness, staining on crown surface, wear of opposing arch tooth, color match, anatomic form, marginal integrity, marginal discoloration, proximal contact area, secondary caries at crown margin and parent/guardian satisfaction with crown appearance.

結果:

36ヶ月間のフォローアップには23名の被験者(46%)が含まれていた。35本のクラウン(35%)が評価された;18本のジルコニアクラウンと17本のSSCのうち、36ヵ月後の評価で失敗はなかった。評価されたパラメータに有意差があったのは、親の満足度のみで、ジルコニアクラウンが好ましい(P<0.05)、ジルコニアクラウンが健康な隣接歯肉を有している(P<0.01)という歯肉の健康度であった。36ヶ月間の結果から,ジルコニアクラウンは,大臼歯修復のために確立されたSSCと同様の性能を示した.

RESULTS: The 36-month follow up included 23 subjects (46%). 35 crowns (35%) were evaluated; of the 18 zirconia crowns and 17 SSCs, there were no failures at the 36-month evaluation. The only significant differences in the parameters evaluated were parent satisfaction, with the zirconia crown preference (P< 0.05) and gingival health, with the zirconia crowns having healthy adjacent gingiva (P< 0.01). The 36-month results indicated that zirconia primary molar crowns performed similarly to an established SSC for restoration of primary molars.

臨床的意義:

本研究の所見は、36ヶ月後のNuSmile ZRジルコニアクラウンは、ステンレスクラウンと同様に臨床的に良好な成績を収めていることを示した。

CLINICAL SIGNIFICANCE: The findings from this study indicated that at 36 months, NuSmile ZR zirconia crowns clinically performed as well as stainless steel crowns.

Copyright©American Journal of Dentistry.