会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ゲノム上での高速ターゲット探索のための非平衡戦略 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Phys. Rev. Lett..2020 May;124(19):198101. doi: 10.1103/PhysRevLett.124.198101.

ゲノム上での高速ターゲット探索のための非平衡戦略

Nonequilibrium Strategy for Fast Target Search on the Genome.

  • F Cagnetta
  • D Michieletto
  • D Marenduzzo
PMID: 32469558 DOI: 10.1103/PhysRevLett.124.198101.

抄録

ゲノム修復などの重要な生物学的プロセスでは、選択されたタンパク質をDNA上の特定の標的部位に迅速かつ効率的に結合させる必要があります。本研究では、DNAに結合したタンパク質が、エピジェネティックマーク(ゲノム上の生化学的なタグ)の密度を上下に変化させる「クロモフォレシス」に基づいたアクティブな標的探索機構を提案しています。本研究では、熱力学的平衡から離れた場所でのみ遭遇する、マークを沈着させて反発させるタンパク質に着目しています。発色タンパク質は、運動パラメータの適切な範囲で無方向運動を行い、ゲノムに沿って最適に再分配される。重要なことは、自己相互作用によって崩壊したゲノムの領域を局所的に解きほぐし、そのコアの奥深くまで"潜る"ことができることであり、このようなアクセスできない基質上での標的探索の効率を飛躍的に向上させることができる。クロモフォレーシスのDNA修復への潜在的な関連性について議論する。

Vital biological processes such as genome repair require fast and efficient binding of selected proteins to specific target sites on DNA. Here we propose an active target search mechanism based on "chromophoresis," the dynamics of DNA-binding proteins up or down gradients in the density of epigenetic marks, or colors (biochemical tags on the genome). We focus on a set of proteins that deposit marks from which they are repelled-a case which is only encountered away from thermodynamic equilibrium. For suitable ranges of kinetic parameter values, chromophoretic proteins can perform undirectional motion and are optimally redistributed along the genome. Importantly, they can also locally unravel a region of the genome which is collapsed due to self-interactions and "dive" deep into its core, for a striking enhancement of the efficiency of target search on such an inaccessible substrate. We discuss the potential relevance of chromophoresis for DNA repair.