会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

炎症と小胞体ストレスに対するアンジオテンシンⅡ効果を媒介する microRNA 690 の役割 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cells.2020 May;9(6). E1327. doi: 10.3390/cells9061327.Epub 2020-05-26.

炎症と小胞体ストレスに対するアンジオテンシンⅡ効果を媒介する microRNA 690 の役割

Role of microRNA 690 in Mediating Angiotensin II Effects on Inflammation and Endoplasmic Reticulum Stress.

  • Kalhara R Menikdiwela
  • Latha Ramalingam
  • Mostafa M Abbas
  • Halima Bensmail
  • Shane Scoggin
  • Nishan S Kalupahana
  • Asha Palat
  • Preethi Gunaratne
  • Naima Moustaid-Moussa
PMID: 32466437 DOI: 10.3390/cells9061327.

抄録

肥満時のレニン-アンジオテンシン系(RAS)の過剰活性化は、脂肪細胞の代謝恒常性を乱し、小胞体(小胞体)ストレスと炎症を誘導するが、その基礎となるメカニズムはよくわかっていない。我々は、脂肪組織におけるRASの前駆体であるアンジオテンシノーゲン(Agt)の過剰発現や、RASの生理活性ホルモンであるアンジオテンシンII(Ang II)を脂肪細胞に投与することで、ERストレスや炎症を標的とした特定のマイクロRNA(miRNA)が変化し、脂肪細胞の機能障害を引き起こすことを提案している。脂肪組織にAgt(Agt-Tg)を過剰発現させたB6野生型(Wt)およびトランスジェニック雄性マウスの上体白色脂肪組織(WAT)と、Ang IIで処理した脂肪細胞を用いた。その中で、Agt-TgではmiR-690が、Ang II処理した脂肪細胞ではMAP2K3が、対照と比較してそれぞれ有意にアップレギュレーションされ、ダウンレギュレーションされていることが確認された。また、MAP2K3に対するmiR-690の直接的な役割は、ミミック、インヒビター、デュアルルシフェラーゼレポーターアッセイを用いて確認された。また、p38、NF-κB、IL-6、CHOP を含む MAP2K3 の下流蛋白質標的はすべて減少した。これらの結果から、miR-690は炎症や小胞体ストレスに重要な転写後の役割を果たしていることが示唆された。以上のことから、miR-690は保護機能を有しており、肥満の軽減に有用なターゲットとなる可能性があると考えられます。

Overactivation of the renin-angiotensin system (RAS) during obesity disrupts adipocyte metabolic homeostasis and induces endoplasmic reticulum (ER) stress and inflammation; however, underlying mechanisms are not well known. We propose that overexpression of angiotensinogen (Agt), the precursor protein of RAS in adipose tissue or treatment of adipocytes with Angiotensin II (Ang II), RAS bioactive hormone, alters specific microRNAs (miRNA), that target ER stress and inflammation leading to adipocyte dysfunction. Epididymal white adipose tissue (WAT) from B6 wild type (Wt) and transgenic male mice overexpressing Agt (Agt-Tg) in adipose tissue and adipocytes treated with Ang II were used. Small RNA sequencing and microarray in WAT identified differentially expressed miRNAs and genes, out of which miR-690 and mitogen-activated protein kinase kinase 3 (MAP2K3) were validated as significantly up- and down-regulated, respectively, in Agt-Tg, and in Ang II-treated adipocytes compared to respective controls. Additionally, the direct regulatory role of miR-690 on MAP2K3 was confirmed using mimic, inhibitors and dual-luciferase reporter assay. Downstream protein targets of MAP2K3 which include p38, NF-κB, IL-6 and CHOP were all reduced. These results indicate a critical post-transcriptional role for miR-690 in inflammation and ER stress. In conclusion, miR-690 plays a protective function and could be a useful target to reduce obesity.