会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

マダガスカルの白亜紀哺乳類の骨格は長期的な不規則性を反映している | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Nature.2020 05;581(7809):421-427. 10.1038/s41586-020-2234-8. doi: 10.1038/s41586-020-2234-8.Epub 2020-04-29.

マダガスカルの白亜紀哺乳類の骨格は長期的な不規則性を反映している

Skeleton of a Cretaceous mammal from Madagascar reflects long-term insularity.

  • David W Krause
  • Simone Hoffmann
  • Yaoming Hu
  • John R Wible
  • Guillermo W Rougier
  • E Christopher Kirk
  • Joseph R Groenke
  • Raymond R Rogers
  • James B Rossie
  • Julia A Schultz
  • Alistair R Evans
  • Wighart von Koenigswald
  • Lydia J Rahantarisoa
PMID: 32461642 DOI: 10.1038/s41586-020-2234-8.

抄録

南部の超大陸ゴンドワナからの中生代の哺乳類の化石記録は、北部のラウラシア大陸からの記録よりもはるかに少ない。中生代の哺乳類の中で、ゴンドワナテリアは最もよく知られていない種の一つであり、以前は単一の頭蓋と孤立した顎と歯だけで表されていました。その結果、ゴンドワナテリアの解剖学的、古生物学的、系統的な関係は明らかになっていない。本研究では、マダガスカルから白亜紀の最新年代(7,210万年前~6,600万年前)のゴンドワナセロニア人の骨格を発見し、新属と種をAdalatherium huiと同定した。この標本は、これまでに発見されたゴンドワナ中生代哺乳類の中で最も完全な骨格であり、ゴンドワナ獣類では唯一の頭蓋骨後遺物と歯状突起上行を含んでいる。この新分類群を含む系統解析により、ゴンドワナセリアは多筒虫類の姉妹グループであることが明らかになった。その骨格は、ゴンドワナ中生代哺乳類の中で最大級のものであり、特に、多くのユニークな特徴と、獣人哺乳類の特徴に収斂する特徴を併せ持っていることが特徴的である。このユニークさは、A.huiがマダガスカルで2000万年以上にわたって隔離されていた系統の歴史と一致している。

The fossil record of mammaliaforms (mammals and their closest relatives) of the Mesozoic era from the southern supercontinent Gondwana is far less extensive than that from its northern counterpart, Laurasia. Among Mesozoic mammaliaforms, Gondwanatheria is one of the most poorly known clades, previously represented by only a single cranium and isolated jaws and teeth. As a result, the anatomy, palaeobiology and phylogenetic relationships of gondwanatherians remain unclear. Here we report the discovery of an articulated and very well-preserved skeleton of a gondwanatherian of the latest age (72.1-66 million years ago) of the Cretaceous period from Madagascar that we assign to a new genus and species, Adalatherium hui. To our knowledge, the specimen is the most complete skeleton of a Gondwanan Mesozoic mammaliaform that has been found, and includes the only postcranial material and ascending ramus of the dentary known for any gondwanatherian. A phylogenetic analysis including the new taxon recovers Gondwanatheria as the sister group to Multituberculata. The skeleton, which represents one of the largest of the Gondwanan Mesozoic mammaliaforms, is particularly notable for exhibiting many unique features in combination with features that are convergent on those of therian mammals. This uniqueness is consistent with a lineage history for A. hui of isolation on Madagascar for more than 20 million years.