会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

頬骨インプラント埋入における眼球外筋損傷。症例報告、文献のレビュー、回避のための簡単な操作法。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Oral Maxillofac. Surg..2020 Apr;S0278-2391(20)30433-X. doi: 10.1016/j.joms.2020.04.027.Epub 2020-04-26.

頬骨インプラント埋入における眼球外筋損傷。症例報告、文献のレビュー、回避のための簡単な操作法。

Extraocular Muscle Injury in Zygomatic Implant Placement: A Case Report, Review of the Literature, and Simple Maneuver for Avoidance.

  • Nicole Topilow
  • Ying Chen
  • Hilda Capo
  • David T Tse
PMID: 32461065 DOI: 10.1016/j.joms.2020.04.027.

抄録

頬骨インプラント(Zygomatic implants: ZI)は、上顎骨量が不足している患者の補綴物を支持するために使用されます。ZIの成功率は高いが、頬骨穿孔中に不注意で眼窩に侵入した症例が報告されており、臨床的な後遺症の重症度は様々である。我々は、当院で治療した頬骨穿孔中に不注意で眼窩に入った2例目の症例を報告する。この患者は側方直筋を部分的に切除して複視を起こし、最終的に斜視手術を受けた。術後、複視は消失し、小角の発散のみが持続した。文献を検討した結果、頬骨穿孔時の眼窩進入に起因する眼外筋損傷の他の3例が明らかになったが、いずれもアライメントを回復するために斜視手術を必要とした。我々は、頬骨穿孔中に眼球と眼窩内構造物を損傷から保護するために、下前歯部に金属製の靴べらを配置することを提案している。

Zygomatic implants (ZIs) are used to support dental prostheses in patients with inadequate maxillary bone volume. Although the ZI success rates have been high, cases of inadvertent orbital entry during zygoma drilling have been reported, with varying severity of clinical sequelae. We report the second case treated at our institution of inadvertent orbital entry during zygoma drilling. The patient experienced partial lateral rectus muscle transection resulting in diplopia, and ultimately underwent strabismus surgery. Postoperatively, his diplopia resolved, and only a small angle esophoria persisted. A review of the literature revealed 3 other cases of extraocular muscle injury secondary to orbital entry during zygoma drilling, all of which required strabismus surgery to restore alignment. We propose placement of a metal shoehorn in the inferior fornix during zygoma drilling to protect the globe and intraorbital structures from injury in the event of orbital entry.

Copyright © 2020 American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.