会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

トコトリエノールを豊富に含むビタミンE(トコビッド)の糖尿病性神経障害に対する効果。A Phase II Randomized Controlled Trial | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Nutrients.2020 May;12(5). E1522. doi: 10.3390/nu12051522.Epub 2020-05-23.

トコトリエノールを豊富に含むビタミンE(トコビッド)の糖尿病性神経障害に対する効果。A Phase II Randomized Controlled Trial

The Effects of Tocotrienol-Rich Vitamin E (Tocovid) on Diabetic Neuropathy: A Phase II Randomized Controlled Trial.

  • Yeek Tat Ng
  • Sonia Chew Wen Phang
  • Gerald Chen Jie Tan
  • En Yng Ng
  • Nevein Philip Botross Henien
  • Uma Devi M Palanisamy
  • Badariah Ahmad
  • Khalid Abdul Kadir
PMID: 32456230 PMCID: PMC7284602. DOI: 10.3390/nu12051522.

抄録

慢性高血糖症は、糖尿病患者の酸化ストレスを増加させ、炎症経路を活性化させ、神経成長因子(NGF)を減少させ、糖尿病性末梢神経障害(DPN)の発症の一因となる。トコトリエノールを豊富に含むビタミン E (Tocovid)は、強力な抗酸化作用と抗炎症作用を有しており、これらの病態を標的にして DPN を改善することが期待されている。本研究では,糖尿病患者の神経伝導パラメータおよび血清バイオマーカーに対するトコビッドの効果を評価することを目的としている。この多施設前向き無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験は,対象者80人を対象に実施された.介入群(=39名)はTocovid 200mgを1日2回投与するよう無作為に割り付けられ、対照群(=41名)はプラセボを1日2回投与された。8週間後に、神経伝導試験で評価された神経伝導パラメータ、血清バイオマーカー(NGF、マロンジアルデヒド、血管細胞接着分子1、腫瘍壊死因子受容体1、トロンボキサンB2)を両群間で比較した。トコビッドはプラセボと比較して、すべての神経の神経伝導速度を有意に改善した(+1.25 m/s、四分位間範囲[IQR]3.35、<0.001、正中神経、+1.60 m/s、IQR1.80、<0.001、硬膜神経、+0.75 m/s、IQR2.25、<0.001、脛骨神経)。一方、血清NGF値は、トコビッド投与群がプラセボ投与群と比較して、投与8週間後に有意に高値を示しました。トコビッドを投与された参加者は、8週間後に検査されたすべての神経の神経伝導速度において、非常に有意な改善を示しました。さらに、トコビッドの補給は血清NGF値を上昇させ、その上昇は神経細胞の機能向上を反映していると推測された。この新たな知見は、トコビッドが血清NGFを標的とした神経伝導速度改善のための疾患修飾剤である可能性を示唆しています。

Chronic hyperglycemia increases oxidative stress, activates inflammatory pathways and reduces nerve growth factor (NGF) among diabetic patients, which contribute to development of diabetic peripheral neuropathy (DPN). Tocotrienol-Rich Vitamin E (Tocovid) possesses potent antioxidant and anti-inflammatory properties which are postulated to target these pathogeneses in order to ameliorate DPN. This study aims to evaluate the effects of Tocovid on nerve conduction parameters and serum biomarkers among diabetic patients. This multicenter, prospective, randomized, double-blind, placebo-controlled clinical trial was conducted on 80 eligible participants. The intervention group ( = 39) was randomly allocated to receive 200 mg of Tocovid twice a day, and the control group ( = 41) received placebo twice a day. At the end of eight weeks, the nerve conduction parameters, as assessed by nerve conduction study, as well as serum biomarkers (NGF, malondialdehyde, vascular cell adhesion molecule 1, tumor necrosis factor receptor 1 and thromboxane B2) were compared between the two groups. Compared to placebo, Tocovid significantly improves the nerve conduction velocities of all nerves (+1.25 m/s, interquartile range [IQR] 3.35, < 0.001, median nerve; +1.60 m/s, IQR 1.80, < 0.001, sural nerve; +0.75 m/s, IQR 2.25, < 0.001, tibial nerve). Meanwhile, the levels of serum NGF were significantly higher in the Tocovid group as compared to placebo at eight weeks post-intervention. Participants receiving Tocovid illustrated highly significant improvement in terms of nerve conduction velocities for all nerves tested after eight weeks of supplementation. In addition, Tocovid supplementation elevated the levels of serum NGF, in which its increase is postulated to reflect enhanced neuronal functions. This novel finding suggests that Tocovid could be a disease-modifying agent targeting serum NGF to improve nerve conduction velocities.