会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ポルチン由来の細胞性コラーゲンマトリックスを用いた臼歯部の単一インプラントの頬側の凸凹を再確立するための3年間の前向き研究。臼歯部の単一インプラントにおける頬側凸部の再確立のための3年間の前向き研究:体積解析。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Clin Med.2020 May;9(5). E1568. doi: 10.3390/jcm9051568.Epub 2020-05-22.

ポルチン由来の細胞性コラーゲンマトリックスを用いた臼歯部の単一インプラントの頬側の凸凹を再確立するための3年間の前向き研究。臼歯部の単一インプラントにおける頬側凸部の再確立のための3年間の前向き研究:体積解析。

A 3-Year Prospective Study on a Porcine-Derived Acellular Collagen Matrix to Re-Establish Convexity at the Buccal Aspect of Single Implants in the Molar Area: A Volumetric Analysis.

  • Célien Eeckhout
  • Eline Bouckaert
  • Dagmar Verleyen
  • Thomas De Bruyckere
  • Jan Cosyn
PMID: 32455863 PMCID: PMC7290720. DOI: 10.3390/jcm9051568.

抄録

背景:

現在、自家移植に伴う術後合併症を回避する目的で、異遺伝子軟部組織代替物が上皮下結合組織移植(CTG)の代替品として研究されている。本研究の目的は、臼歯部インプラントの頬側の軟部組織のボリュームを増加させるために、ブタ由来コラーゲンマトリックス(PDCM)(Mucoderm、Botiss gmbh、ベルリン、ドイツ)の有効性と中長期的な安定性を容積学的に評価することであった。

BACKGROUND: Xenogeneic soft tissue substitutes are currently being investigated as an alternative to subepithelial connective tissue grafts (CTG) with the intention to avoid postoperative morbidity associated with autologous grafting. The aim of the present study was to volumetrically evaluate the effectiveness and mid-long-term stability of a porcine-derived collagen matrix (PDCM) (Mucoderm, Botiss gmbh, Berlin, Germany) in increasing soft tissue volume at the buccal aspect of molar implant sites.

方法:

臼歯部に1本の歯の隙間がある健康な非喫煙者の歯周病患者をプロスペクティブケースシリーズの対象とした。すべての症例は、頬口腔骨の寸法が8mm以上で、水平方向の歯槽骨欠損が認められた。頬側フラップの下に広径インプラントを埋入し、PDCMを適用した。主な転帰は、明確に定義された関心領域内での頬軟部組織プロフィール(BSP)の直線的な増加であった。これは、手術前(T0)、手術直後(T1)、3ヶ月後(T2)、1年後(T3)、3年後(T4)に撮影されたデジタル化された試験片を重ね合わせたものを基に、指定されたソフトウェア(SMOP;Swissmeda AG、チューリッヒ、スイス)を用いて実施された。副次的転帰は、歯槽突起欠損症と臨床的パラメータであった。

METHODS: Periodontally healthy non-smoking patients with a single tooth gap in the molar area were selected for a prospective case series. All sites had a bucco-oral bone dimension of at least 8 mm and demonstrated a horizontal alveolar defect. A wide diameter implant was placed under the elevated buccal flap and a PDCM was applied. The primary outcome was the linear increase in buccal soft tissue profile (BSP) within a well-defined area of interest. This was performed with designated software (SMOP; Swissmeda AG, Zurich, Switzerland) on the basis of superimposed digitalized study casts taken before surgery (T0), immediately after surgery (T1), at three months (T2), one year (T3) and three years (T4). Secondary outcomes were alveolar process deficiency and clinical parameters.

結果:

治療を受けた患者15人中14人が3年後の再評価に参加した(女性4人;平均年齢51.4歳)。T1でのBSPの平均直線的増加は1.53mm(=0.001)であった。PDCMはT2で実質的な吸収を示した(1.02mmまたは66.7%)(=0.001)。その後、0.66mmの体積増加(=0.030)が観察されましたが、これはおそらく永久歯冠を装着したことで軟部組織が頬側に移動したためと考えられます。この結果、T4でBSPは1.17mm(76.5%)の直線的な増加を示した。歯槽膿漏は時間の経過とともに有意に減少した(=0.004)。しかし、50%の患者では、試験終了時にも軽度(6/14)または明らか(1/14)な歯槽突起欠損が認められた。インプラントは健康な臨床状態を示した。

RESULTS: Fourteen out of 15 treated patients attended the three-year re-assessment (four females; mean age 51.4 years). Mean linear increase in BSP at T1 was 1.53 mm ( = 0.001). The PDCM showed substantial resorption at T2 (1.02 mm or 66.7%) ( = 0.001). Thereafter, a 0.66 mm volume gain was observed ( = 0.030), possibly due to the installation of a permanent crown displacing the soft tissues to the buccal aspect. This resulted in a linear increase in BSP of 1.17 mm (76.5%) at T4. Alveolar process deficiency significantly reduced over time ( = 0.004). However, 50% of patients still demonstrated a slight (6/14) or obvious (1/14) alveolar process deficiency at study termination. Implants demonstrated healthy clinical conditions.

結論:

PDCMは治癒の初期段階で著しい吸収を示した。マトリックスが組織を厚くし、永久歯冠が組織を変位させたため、BSPの初期増加の76.5%が3年間維持できた。患者の半数は頬側の軟部組織の完全な凸部を示すことができませんでした。

CONCLUSIONS: The PDCM demonstrated marked resorption during the early stages of healing. Due to the matrix thickening the tissues, and the permanent crown displacing the tissues, 76.5% of the initial increase in BSP could be maintained over a three-year period. Half of the patients failed to show perfect soft tissue convexity at the buccal aspect.