会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

韓国の病気池ドジョウ()から分離されたSKNUCL01の初の単離と性状について | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Pathogens.2020 May;9(5). E397. doi: 10.3390/pathogens9050397.Epub 2020-05-21.

韓国の病気池ドジョウ()から分離されたSKNUCL01の初の単離と性状について

First Isolation and Characterization of SKNUCL01, Isolated from Diseased Pond loach () in Korea.

  • Sang Guen Kim
  • Sib Sankar Giri
  • Sang Wha Kim
  • Jun Kwon
  • Sung Bin Lee
  • Se Chang Park
PMID: 32455710 PMCID: PMC7281267. DOI: 10.3390/pathogens9050397.

抄録

ドジョウは自然界に広く分布し、東アジアでは薬用として食されている。通常、ドジョウは水の状態が細菌感染を起こしやすい池で培養されています。培養ドジョウの細菌感染症はよく報告されているが、感染症に関する報告はない。本研究では、病気にかかったドジョウ( )から分離されたSKNUCL01の病原性と抗生物質耐性の特徴を明らかにすることを目的とした。SKNUCL01はバイオフィルムを形成し,その病原性と関連している.致死量50(LD)は8.52×10コロニー形成単位(CFU)/mlであり,コッホの仮定は満たされていた.摩耗は魚の死亡を促進し、それは魚の感染経路となり得る。本菌は,以前は有効な治療法とされていたトリメトプリム/スルファメトキサゾール,レボフロキサシン,シプロフロキサシンなど,試験したほぼすべての抗生物質に対して耐性を示した.抗生物質耐性の表現型解析(複合ディスク試験,ダブルディスクシナジー試験,修正ホッジ試験,排出ポンプ阻害試験)を行った結果,SKNUCL01の耐性はメタロβラクタマーゼ(MBL)と排出ポンプに由来することが明らかになった。これらの知見は、養殖業における多剤耐性感染症対策の突破口となりうる証拠であり、今後の研究により、抗生物質耐性関連遺伝子の解明が期待される。

Loaches are widely distributed throughout the natural environment and are consumed for medicinal purposes in East Asia. Usually, loaches are cultured in ponds where the water conditions can easily cause bacterial infections. Infections due to bacterial pathogens such as have been well described in cultured loaches; however, there is no report regarding infection. This study focused on the elucidation of the pathogenic and antibiotic resistance characteristics of , SKNUCL01, isolated from diseased loaches (). SKNUCL01 forms a biofilm, which is associated with its virulence. Koch's postulates were satisfied with a lethal dose 50 (LD) of 8.52 × 10 colony-forming units (CFU)/ml. Abrasion facilitates the mortality of the fish, which makes it a possible infection route for . The strain showed resistance to nearly all tested antibiotics, such as trimethoprim/sulfamethoxazole, levofloxacin, and ciprofloxacin, formerly considered effective treatments. Phenotypic analyses for antibiotic resistance-the combined disk test, double-disk synergy test, modified Hodge test, and efflux pump inhibition test-revealed that the resistance of SKNUCL01 originated from metallo-beta lactamases (MBLs) and efflux pumps. Our findings provide evidence that could result in a breakthrough against multidrug-resistant infection in the aquaculture industry; the antibiotic resistance-related genes can be elucidated through future study.