会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

2018年に中国で発生したジェノタイプIb日本脳炎ウイルスによる日本脳炎のアウトブレイク。実験室と現地での調査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS Negl Trop Dis.2020 05;14(5):e0008312. PNTD-D-19-01986. doi: 10.1371/journal.pntd.0008312.Epub 2020-05-26.

2018年に中国で発生したジェノタイプIb日本脳炎ウイルスによる日本脳炎のアウトブレイク。実験室と現地での調査

An outbreak of Japanese encephalitis caused by genotype Ib Japanese encephalitis virus in China, 2018: A laboratory and field investigation.

  • Wenjing Liu
  • Shihong Fu
  • Xuemin Ma
  • Xiaojing Chen
  • Dan Wu
  • Liwei Zhou
  • Qikai Yin
  • Fan Li
  • Ying He
  • Wenwen Lei
  • Yixing Li
  • Songtao Xu
  • Huaqing Wang
  • Zhenhai Wang
  • Huanyu Wang
  • Hong Yu
  • Guodong Liang
PMID: 32453787 PMCID: PMC7274457. DOI: 10.1371/journal.pntd.0008312.

抄録

日本脳炎ウイルス遺伝子型Ib(JEV GIb)は、アジアの風土病地域ではJEV GIIIに代わって支配的な遺伝子型となっているが、JEのアウトブレイクにおいて、JE症例と天然蚊から同時にJEV GIbが分離された例はない。本研究では、2018年に中国寧夏で発生したJE感染症アウトブレイクのJE症例サンプル(血清/脳脊髄液)と現地で採取した蚊のサンプルを対象に、ウイルス学的および分子生物学的検査を実施した。JEV IgM抗体検出の結果、疑われる症例の96%(67/70)が実験室で確認されたJE症例であった。現地環境から採取した蚊のうち、70%(17400/24900)がCulex tritaeniorhynchusで、そのうち4.6%(検査したプールの16/348)がJEV陽性で、他の蚊は陰性であった。ヒトとC. tritaeniorhynchusの両方から分離されたJEVはJEV GIbに属し,分子進化解析によれば同一進化群に属していた.本研究では、自然界で採取したJE症例の検体と蚊の検体からJEV GIbが同時に検出されたことから、2018年に寧夏で発生したJEアウトブレイクは、JEV GIbの感染によるものであることが示唆された。

Although Japanese encephalitis virus genotype Ib (JEV GIb) has replaced JEV GIII as the dominant genotype in endemic areas of Asia, no JEV GIb has been isolated from JE cases and natural mosquitoes at the same time in an outbreak of JE. In this study, we conducted virological and molecular biological laboratory tests on JE case samples (serum/cerebrospinal fluid) and locally collected mosquito samples from the 2018 JE outbreak in Ningxia, China. The result of JEV IgM antibody detection showed that 96% (67/70) of the suspected cases were laboratory-confirmed JE cases. Of the mosquitoes collected from local environments, 70% (17400/24900) were Culex tritaeniorhynchus of which 4.6% (16 /348 of the pools tested) were positive for JEV, other mosquitoes were negative. JEVs isolated from both the human cases and C. tritaeniorhynchus specimens belong to JEV GIb and are in the same evolutionary clade according to molecular evolution analyses. JEV GIb was detected simultaneously from specimens of JE cases and mosquito samples collected in nature in this study, suggesting that the JE outbreak that occurred in Ningxia in 2018 was due to infection of JEV GIb.