国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

成人発症スティル病のアナキンラ(組換えヒトIL-1受容体拮抗薬)による治療:文献の系統的レビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin. Exp. Rheumatol..2020 May;:. 15252. Epub 2020-05-12.

成人発症スティル病のアナキンラ(組換えヒトIL-1受容体拮抗薬)による治療:文献の系統的レビュー

The treatment of adult-onset Still's disease with anakinra, a recombinant human IL-1 receptor antagonist: a systematic review of literature.

  • Roberto Giacomelli
  • Jurgen Sota
  • Piero Ruscitti
  • Corrado Campochiaro
  • Serena Colafrancesco
  • Lorenzo Dagna
  • Daniela Iacono
  • Florenzo Iannone
  • Giuseppe Lopalco
  • Paolo Sfriso
  • Luca Cantarini
PMID: 32452353

抄録

成人発症型スティル病(AOSD)は、一般的に若年成人が罹患し、免疫抑制療法を必要とする、原因不明の稀な炎症性疾患です。ここ数年、AOSDにおける炎症性サイトカインの病原性の役割に基づいて、生物学的疾患修飾抗リウマチ薬(bDMARDs)が難治例に使用されるようになってきました。bDMARDsの中でも、組み換えヒト非グリコシル化IL-1受容体拮抗薬であるアナキンラは、AOSDにおける臨床的有用性が確認されている。本研究では、AOSDにおけるアナキンラの治療に関するエビデンスをまとめ、完全寛解率、コルチコステロイド(CCS)温存効果、長期維持率、安全性を分析した上で、文献のシステマティックレビュー(SRL)を行った。タイトル、抄録、全文解析を行った後、15本の原稿を解析した:2つの並行群を有する多施設共同公開無作為化試験1本、14本の観察的単群レトロスペクティブ研究。今回のSRLの結果をまとめると、AOSD患者に対するアナキンラの有効性が示唆された。さらに、AOSD患者はアナキンラで良好な臨床効果が得られる可能性が高く、これらの結果は概ね良好な安全性プロファイルと関連しています。さらに、アナキンラで治療された患者さんの大多数は、単剤治療でも完全寛解を達成する可能性があります。最後に、アナキンラによる治療は重要なCCS回避効果と関連しており、これらの患者の大部分はCCSを中止することができ、その結果、新たなフレアの発生なしに予測可能な長期的なCCSの副作用を軽減することができます。

Adult-onset Still's disease (AOSD) is a rare, inflammatory disease of unknown aetiology, generally affecting young adults and requiring immunosuppressive treatment. In the last few years, bio- logic disease-modifying anti-rheumatic drugs (bDMARDs) have been successfully used in refractory cases, based on the pathogenic role of inflammatory cytokines in AOSD. Amongst bDMARDs, several observations confirmed the clinical usefulness of anakinra, a recombinant human non-glycosylated IL-1 receptor antagonist, in AOSD. At present, the treatment is still largely empirical and due to the possible fallacious aspects of clinical judgement, in this work, we performed a systematic review of literature (SRL) to summarise the evidence regarding the treatment with anakinra in AOSD, analysing rate of complete remission, corticosteroids (CCSs)-sparing effect, long-term retention rate, and safety. After screening titles, abstracts and analysis of full text, 15 manuscripts were analysed: 1 open randomised multicentre trial with two parallel groups and 14 observational single-arm retrospective studies. Collectively, results of the present SRL suggest the effectiveness of anakinra in the treatment of patients with AOSD. Furthermore, patients with AOSD are likely to achieve a good clinical response with anakinra and these outcomes are associated with a largely favourable safety profile. Furthermore, the majority of patients treated with anakinra may achieve a complete remission, also in monotherapy. Finally, the treatment with anakinra is associated with an important CCSs-sparing effect, and, a large percentage of these patients may stop CCSs, thus reducing predictable long-term CCSs side effects without the occurrence of new flares.