会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

フィブリン接着剤を用いた効果的な胸膜欠損部修復法の開発 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Cardiothorac Surg.2020 May;15(1):110. 10.1186/s13019-020-01158-3. doi: 10.1186/s13019-020-01158-3.Epub 2020-05-24.

フィブリン接着剤を用いた効果的な胸膜欠損部修復法の開発

Development of an effective method utilizing fibrin glue to repair pleural defects in an ex-vivo pig model.

  • Nobuyuki Kondo
  • Yoshitaka Takegawa
  • Masaki Hashimoto
  • Seiji Matsumoto
  • Shiro Oka
  • Seiki Hasegawa
PMID: 32448399 PMCID: PMC7245928. DOI: 10.1186/s13019-020-01158-3.

抄録

背景:

本研究では、ex-vivoモデルを用いて、フィブリン接着剤とポリグリコール酸(PGA)シートを通気下で使用する新しい方法が、胸膜欠損部の修復後のシール効果を高めるかどうかを検討した。

BACKGROUND: The present study aimed to use an ex-vivo model to investigate whether a new method involving the use of fibrin glue and a polyglycolic acid (PGA) sheet under ventilation enhances the sealing effect after repair of the pleural defect.

方法:

本研究では、Ex-vivoの豚肺を用いた。1、PGAシート上に直接フィブリン接着剤を噴霧する方法、2、フィブリノゲンを散布した後、PGAシートでシールしてフィブリン接着剤を噴霧する方法、3、通気性を維持しながらフィブリノゲンを散布し、PGAシートでシールしてフィブリン接着剤を噴霧する方法の3つの方法を用いて、修復した胸膜欠陥の最大耐圧性を調べた。

METHODS: Ex-vivo pig lungs were used in this study. We investigated the maximum pressure tolerance of pleural defects repaired using three methods: 1, directly spraying fibrin glue over a PGA sheet; 2, spreading fibrinogen on the site then sealing with a PGA sheet and spraying with fibrin glue; and 3, spreading fibrinogen while maintaining ventilation then sealing with a PGA sheet and spraying with fibrin glue.

結果:

最大許容圧力は以下の通りであった(平均±標準偏差、cmHO)。方法1は37.1±13.6、方法2は71.4±27.7、方法3は111.5±8.8であった。組織学的所見は、方法間の修復部位の許容圧力の違いを説明するものであった。方法3を用いて修復した肺の顕微鏡所見は、フィブリノゲンが深部組織に浸透してアンカーとして機能していることを示していた。

RESULTS: The maximum tolerable pressures were as follows (mean ± standard deviation, cmHO): Method 1, 37.1 ± 13.6, Method 2, 71.4 ± 27.7, Method 3, 111.5 ± 8.8. Histological findings explained the difference in tolerable pressure at the repaired site between methods. Microscopic findings of lungs repaired using Method 3 indicated that the fibrinogen penetrated into deeper tissues to act as an anchor.

結論:

換気下でフィブリン接着剤を封入することにより、ex-vivoモデルでの胸膜欠損による空気漏れを修復する際のアンカー効果を高めることができた。この方法は、臨床応用が考えられる。例えば、胸膜腫瘍に対する肺温存手術を受けた患者の重度の空気漏れを軽減するために有用であると考えられる。

CONCLUSIONS: Fibrin glue sealing under ventilation increases the anchoring effect of repairing air leakages due to pleural defect in an ex-vivo model. This method may have clinical application. For example, it may be useful to reduce severe air leakage in patients who undergo lung-sparing surgery for a pleural tumor.