国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

免疫抑制因子CD155とPD-L1は、卵巣癌やその他の癌において対照的な発現パターンと免疫相関を示す | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Gynecol. Oncol..2020 Jul;158(1):167-177. S0090-8258(20)30989-6. doi: 10.1016/j.ygyno.2020.04.689.Epub 2020-05-20.

免疫抑制因子CD155とPD-L1は、卵巣癌やその他の癌において対照的な発現パターンと免疫相関を示す

The immune suppressive factors CD155 and PD-L1 show contrasting expression patterns and immune correlates in ovarian and other cancers.

  • Julian Smazynski
  • Phineas T Hamilton
  • Shelby Thornton
  • Katy Milne
  • Maartje C A Wouters
  • John R Webb
  • Brad H Nelson
PMID: 32446718 DOI: 10.1016/j.ygyno.2020.04.689.

抄録

目的:

我々は最近、免疫学的に「冷たい」表現型を持つ腫瘍が、幹細胞関連遺伝子と免疫抑制分子TIGITのリガンドであるPVR/CD155の発現に富むことを示した。この知見の治療的意味合いを探るために、高悪性度漿液性卵巣癌(HGSC)およびその他の癌におけるPVR/CD155発現、腫瘍浸潤リンパ球(TIL)および予後との関係を調査した。

OBJECTIVE: We recently showed that tumors with an immunologically 'cold' phenotype are enriched for expression of stemness-associated genes and PVR/CD155, the ligand of the immunosuppressive molecule TIGIT. To explore the therapeutic implications of this finding, we investigated the relationship between PVR/CD155 expression, tumor-infiltrating lymphocytes (TIL), and prognosis in high-grade serous ovarian cancer (HGSC) and other cancers.

方法:

HGSCにおけるCD155、TIGIT、PD-1、PD-L1、およびその他の免疫マーカーの発現は、高次元フローサイトメトリー、多色組織学的イメージング、および/または遺伝子発現プロファイリングによって評価された。PVR/CD155およびCD274/PD-L1発現の予後の重要性は、HGSCおよびThe Cancer Genome Atlasに掲載されている他の32の癌においてバイオインフォマティクス的に評価された。

METHODS: Expression of CD155, TIGIT, PD-1, PD-L1, and other immune markers in HGSC was assessed by high-dimensional flow cytometry, multi-color histological imaging, and/or gene expression profiling. The prognostic significance of PVR/CD155 and CD274/PD-L1 expression was assessed bioinformatically in HGSC and 32 other cancers in The Cancer Genome Atlas.

結果:

HGSCからのT細胞はTIGITとPD-1を頻繁に共発現しており、TIGITとPD-1の発現比は臨床的に適切なプロトコールを用いてin vitroで増殖させた後に顕著に増加した。CD155はHGSCの悪性上皮によく発現しており、TILとの間に陰性または有意ではない関連性を示した。対照的に、PD-L1は腫瘍関連マクロファージによって優勢に発現し、TILと正の関連を示した。CD155とPD-L1の間のこれらの対照は、HGSC患者、個々の患者内の転移部位、そして個々の腫瘍沈着物内でさえも見られた。PVR/CD155およびCD274/PD-L1は、HGSCを含むTCGAの多様な癌種において、予後予測との関連性が異なっていた。

RESULTS: T cells from HGSC frequently co-expressed TIGIT and PD-1, and the ratio of TIGIT to PD-1 expression increased markedly after in vitro expansion with a clinically relevant protocol. CD155 was commonly expressed on malignant epithelium in HGSC and showed a negative or non-significant association with TIL. In contrast, PD-L1 was predominantly expressed by tumor-associated macrophages and positively associated with TIL. These contrasts between CD155 and PD-L1 were seen across HGSC patients, across metastatic sites within individual patients, and even within individual tumor deposits. PVR/CD155 and CD274/PD-L1 exhibited divergent prognostic associations across diverse cancer types in TCGA, including HGSC.

結論:

CD155とPD-L1は対照的な発現パターン、TILとの関連性、予後の重要性を示し、これらは非冗長な免疫抑制機構を表していることが示唆された。CD155/TIGIT経路は、HGSCおよび一般的に免疫学的に寒冷化した腫瘍にとって、説得力のある免疫療法ターゲットとなる。

CONCLUSIONS: CD155 and PD-L1 exhibit contrasting expression patterns, TIL associations and prognostic significance, suggesting they represent non-redundant immunosuppressive mechanisms. The CD155/TIGIT pathway represents a compelling immunotherapeutic target for HGSC and for immunologically cold tumors in general.

Crown Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.