国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

成人患者における踵骨のBrodie膿瘍 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Acta Orthop Traumatol Turc.2020 May;54(3):344-347. doi: 10.5152/j.aott.2020.03.33.

成人患者における踵骨のBrodie膿瘍

Brodie's abscess of the calcaneus in an adult patient.

  • Emre Anıl Özbek
  • Kerem Başarır
  • Hüseyin Yusuf Yıldız
PMID: 32442124 DOI: 10.5152/j.aott.2020.03.33.

抄録

踵骨のBrodie's abscess of the calcaneusは良性の病変であり,文献に報告されている症例は少ない.本研究では,黄色ブドウ球菌による踵骨のBrodie's abscess of the calcaneusを成人患者に発症した稀な症例を紹介する.症例は46歳の免疫不全の男性で,小児期から踵挫傷と診断されて非外科的治療を受けていたが,放射線検査で良性の放射線性膿瘍と診断された.踵骨に良性の放射性嚢胞性病変を認めた.踵骨周囲の骨髄水腫を合併していた.その後,外科的治療が予定されていた.手術中に病変部の内容物が膿性であることを確認した.手術中に病変部の内容物が膿んでいることが確認されたため,入念な腔内剥離を行い,抗生物質を添加した骨セメントビーズを装着した.微生物学的および病理学的検査の結果、嚢胞性病変はBrodie膿瘍であることが確認されたが、膿瘍内感染の直接的な臨床的証拠は得られなかった。この患者は14ヵ月間経過観察されたが、回復するまで合併症はなかった。Brodie膿瘍は骨腫瘍に類似している可能性がある。Brodie膿瘍の発症は陰性であり、そのような病変の臨床所見は不明瞭である。踵骨のBrodie膿瘍は、疑わしいX線所見が明らかな場合には、慢性踵痛患者の鑑別診断で考慮すべきである。

Brodie's abscess of the calcaneus is an uncommon benign lesion that has rarely been reported in the literature. This study presents a rare case of a Brodie's abscess of the calcaneus caused by Staphylococcus aureus in an adult patient. A 46-year-old immunocompetent man had undergone nonsurgical treatment since childhood owing to the diagnosis of a heel spur. Radiological evaluation revealed a benign radiolucent cystic lesion of the calcaneus surrounded by a sclerotic rim. This condition was accompanied by perilesional bone marrow edema. Thereafter, surgical treatment was planned. During surgery, the content of the lesion was observed to be purulent. Meticulous intralesional debridement was performed, and antibiotic-loaded bone cement beads were placed. Subsequent to microbiological and pathological examinations, the cystic lesion was confirmed to be a Brodie abscess; however, direct clinical evidence of an intraosseous infection was lacking. The patient was followed up for 14 months with no complications until recovery. A Brodie abscess may mimic bone tumors. The onset of a Brodie abscess is insidious, and the clinical findings of such lesions may be obscure. A Brodie abscess of the calcaneus should be considered in the differential diagnosis of patients with chronic heel pain when suspicious radiological findings are evident.