会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

自家口腔粘膜上皮細胞シートの移植はウサギモデルにおける後天性外耳道閉鎖症の発症を抑制する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Acta Biomater.2020 Jul;110:141-152. S1742-7061(20)30228-2. doi: 10.1016/j.actbio.2020.04.031.Epub 2020-05-11.

自家口腔粘膜上皮細胞シートの移植はウサギモデルにおける後天性外耳道閉鎖症の発症を抑制する

Transplantation of autologous oral mucosal epithelial cell sheets inhibits the development of acquired external auditory canal atresia in a rabbit model.

  • Taro Inagaki
  • Tsunetaro Morino
  • Ryo Takagi
  • Masayuki Yamato
  • Izumi Koizuka
  • Yuichiro Yaguchi
PMID: 32438108 DOI: 10.1016/j.actbio.2020.04.031.

抄録

後天性外耳道閉鎖不全症は、外耳道に線維組織が形成され、難聴や慢性の耳閉症を特徴とする。この疾患は外科的治療が可能であるが、再発率が高い。本研究では、自家口腔粘膜上皮細胞シートが外耳道閉鎖症の新規治療法として利用できるかどうかを検討した。外耳道の皮膚を切除することにより、後天性外耳道閉鎖症のウサギモデルを作製することに成功した。このモデルの内視鏡的・組織学的所見では、4週間に渡ってアテレシアが進行し、皮膚剥離直後にポリグリコール酸シートを貼付しても抑制されないことが示された。一方、フィーダー層を設けずに温度応答性インサート上で培養して作製した自家口腔粘膜上皮細胞シートを移植したところ、皮膚解離後4週間の間にアテレシアの発生が抑制された。後天性外耳道閉鎖症の外科的治療後に自家上皮細胞シートを移植することは、再発リスクを低減するための有望な新しい方法であると考えられる。重要性の要約:後天性外耳道閉鎖症は、外耳道に繊維状の組織が形成されることで特徴づけられ、難聴や慢性的な耳閉症を引き起こす。外科的治療が可能であるが,再発率が高い。本研究では、外耳道の皮膚を解剖することにより、ウサギの後天性外耳道閉鎖症モデルを作製することに成功しました。さらに、この新しい動物モデルを用いて、自家口腔粘膜上皮細胞シートの移植が外耳道閉鎖症の新規治療法として利用できるかどうかを検討しました。これらの結果から、外耳道閉鎖症の外科的治療後に自家口腔粘膜上皮細胞シートを移植することは、再発リスクを低減するための新たな治療法として有望な可能性を示唆している。

Acquired external auditory canal atresia is characterized by fibrous tissue formation in the ear canal, hearing loss and chronic otorrhea. Although the disease can be treated surgically, the recurrence rate is high. This study explored whether autologous oral mucosal epithelial cell sheets could be used as a novel therapy for ear canal atresia. We succeeded in generating a rabbit model of acquired external auditory canal atresia by dissecting the skin of the ear canal. Endoscopic and histological findings in this model indicated that atresia developed over a 4-week period and was not inhibited by the placement of polyglycolic acid sheets immediately after skin dissection. By contrast, transplantation of autologous oral mucosal epithelial cell sheets, which had been fabricated by culture on temperature-responsive inserts without a feeder layer, prevented the development of atresia during the 4-week period after skin dissection. Transplantation of autologous epithelial cell sheets after surgical treatment of acquired external auditory canal atresia could be a promising new method to reduce the risk of disease recurrence. STATEMENT OF SIGNIFICANCE: Acquired external auditory canal atresia is characterized by fibrous tissue formation in the ear canal, which leads to hearing loss and chronic otorrhea. Although surgical treatments are available, the recurrence rate is high. In this study, we successfully generated a rabbit model of acquired external auditory canal atresia by dissecting the skin of the ear canal. Furthermore, we utilized this new animal model to investigate whether the transplantation of autologous oral mucosal epithelial cell sheets could be used as a novel therapy for ear canal atresia. Our results raise the possibility that the transplantation of autologous epithelial cell sheets after surgical treatment of ear canal atresia could be a promising new method to reduce the risk of disease recurrence.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Ltd.