会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

FZCDD083:動脈硬化性プラークイメージングのためのPFKFB3を標的としたPETトレーサー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
ACS Med Chem Lett.2020 May;11(5):933-939. doi: 10.1021/acsmedchemlett.9b00677.Epub 2020-02-19.

FZCDD083:動脈硬化性プラークイメージングのためのPFKFB3を標的としたPETトレーサー

[F]ZCDD083: A PFKFB3-Targeted PET Tracer for Atherosclerotic Plaque Imaging.

  • Carlo De Dominicis
  • Paola Perrotta
  • Sergio Dall'Angelo
  • Leonie Wyffels
  • Steven Staelens
  • G R Y De Meyer
  • Matteo Zanda
PMID: 32435408 PMCID: PMC7236280. DOI: 10.1021/acsmedchemlett.9b00677.

抄録

炎症状態や血管新生でアップレギュレーションされた解糖関連酵素であるPFKFB3は、動脈硬化症の診断や治療のための新たなターゲットとして注目されています。また、フッ素化フェノキシインダゾール[F]を合成し、17±5%の放射化学的収率と99%以上の放射化学的純度で放射性標識し、マウスの前臨床PET/CTイメージング用に製剤化した。生理活性試験では、高い血中プール活性とゆっくりとした肝胆道クリアランスが示された。6時間後のオートラジオグラフィーでは、動脈硬化マウスのアーチ部と上腕頭動脈で有意に高い[F]の取り込みが認められたが、対照マウスでは取り込みは認められず、脂質染色で認められたプラーク分布と免疫蛍光染色で認められたPFKFB3の発現が一致した。 PETスキャンでは、動脈硬化性ApoEFbn1マウスではコントロールマウスに比べて大動脈領域での[F]の取り込みが高かった(0.78±0.05 vs. 0.44±0.09%ID/g)。F]はApoE(中等度のアテローム性動脈硬化症)マウスおよびApoEFbn1(重度の進行したアテローム性動脈硬化症)マウスの大動脈弓および上腕骨動脈で検出されたことから、このトレーサーはアテローム性プラークの非侵襲的な検出に有用であることが示唆された。

PFKFB3, a glycolysis-related enzyme upregulated in inflammatory conditions and angiogenesis, is an emerging target for diagnosis and therapy of atherosclerosis. The fluorinated phenoxindazole [F] was synthesized, radiolabeled in 17 ± 5% radiochemical yield and >99% radiochemical purity, and formulated for preclinical PET/CT imaging in mice. stability analysis showed no significant metabolite formation. Biodistribution studies showed high blood pool activity and slow hepatobiliary clearance. Significant activity was detected in the lung 2 h postinjection (pi) (11.0 ± 1.5%ID/g), while at 6 h pi no pulmonary background was observed. autoradiography at 6 h pi showed significant high uptake of [F] in the arch region and brachiocephalic artery of atherosclerotic mice, and no uptake in control mice, matching plaques distribution seen by lipid staining along with PFKFB3 expression seen by immunofluorescent staining. PET scans showed higher aortic region uptake of [F] in atherosclerotic ApoEFbn1 than in control mice (0.78 ± 0.05 vs 0.44 ± 0.09%ID/g). [F] was detected in aortic arch and brachiocephalic artery of ApoE (with moderate atherosclerosis) and ApoEFbn1 (with severe, advanced atherosclerosis) mice, suggesting this tracer may be useful for the noninvasive detection of atherosclerotic plaques .

Copyright © 2020 American Chemical Society.