国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

肥満、肥満手術と歯周病:文献の更新 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur Rev Med Pharmacol Sci.2020 May;24(9):5036-5045. 21196. doi: 10.26355/eurrev_202005_21196.

肥満、肥満手術と歯周病:文献の更新

Obesity, bariatric surgery and periodontal disease: a literature update.

  • R Franco
  • A Barlattani
  • M A Perrone
  • M Basili
  • M Miranda
  • M Costacurta
  • P Gualtieri
  • A Pujia
  • G Merra
  • P Bollero
PMID: 32432767 DOI: 10.26355/eurrev_202005_21196.

抄録

肥満は、糖尿病、脂質異常症、動脈性高血圧症などの他の全身疾患と関連している。これらの併存疾患は、心血管疾患リスクの発症リスクを高める。脂肪組織は真の内分泌器官であり、様々なプロ炎症性サイトカインを放出する。歯周病(PD)は、歯を取り囲む歯肉と骨の支持体(歯周組織)の慢性的な炎症性疾患です。肥満とPD発症リスクの増加との関係は、すでに文献で知られている。心代謝リスクと歯周病との間に相関関係がある研究も多くありました。肥満手術は、特定の基準を満たす肥満患者の脂肪組織を減らす方法です。このタイプの手術は通常、全身の炎症と心代謝リスクの両方を減少させることが観察されています。その結果、歯周病の進行も減少するという仮説を立てている著者もいます。このシステマティックレビューでは、5つの論文が分析されている。これらの論文では、肥満手術前後の歯周の健康状態を比較した。しかし、先行研究の結論は、文献の乏しさを示しており、肥満手術後の歯周病の減少は確認できなかったが、心代謝リスクの減少は確認できた。したがって、歯周病が肥満症手術後の心血管リスクの低下に影響を与えることはありません。

Obesity is linked to other systemic diseases, such as diabetes mellitus, dyslipidemia, and arterial hypertension. These comorbidities increase the risk of developing cardiovascular disease risk. Adipose tissue is a true endocrine organ and releases various pro-inflammatory cytokines. Periodontal disease (PD) is a chronic inflammatory disorder of the gingiva and bone support (periodontal tissues) that surrounds the teeth. The relationship between obesity and an increased risk of developing PD is already known in the literature. Many studies correlated the cardiometabolic risk with periodontal disease. Bariatric surgery is a way to reduce the adipose tissue in obese patients, that meet specific criteria. It has been observed that this type of surgery usually reduces both the systemic inflammation and the cardiometabolic risk. Some authors have hypothesized that, as a result, the progression of periodontal disease is also reduced. Five articles are analyzed in this systematic review. In these papers, the periodontal health before and after the bariatric surgery was compared. However, the conclusion of the previous studies demonstrated a scarce literature and did not confirm the reduction of periodontal disease after bariatric surgery, but a reduction of cardiometabolic risk. Therefore, periodontal disease in no way influences the reduction of cardiovascular risk after bariatric surgery.