会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

歯間ブラシとシリコンコーティングされた歯間ピックの臨床的有効性と患者の受容性の比較:無作為化分割口内前向き臨床試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Oral Investig.2020 Jun;24(6):2121-2127. 10.1007/s00784-020-03293-6. doi: 10.1007/s00784-020-03293-6.Epub 2020-05-19.

歯間ブラシとシリコンコーティングされた歯間ピックの臨床的有効性と患者の受容性の比較:無作為化分割口内前向き臨床試験

Comparison of clinical efficacy and patient acceptance of interdental brush and silicone coated interdental pick: a randomized split-mouth, prospective clinical trial.

  • Gülbahar Ustaoğlu
  • Esra Ercan
  • Kerem Çağlar Gümüş
PMID: 32430775 DOI: 10.1007/s00784-020-03293-6.

抄録

目的:

本研究の目的は、2種類の異なる歯間装置の臨床的プラーク除去、歯肉出血、患者の受容性と快適性に対する効果を比較することであった。

OBJECTIVES: The aim of this split-mouth, prospective controlled study was to compare the effects of two different interdental devices on clinical plaque elimination, gingival bleeding and patient acceptance and comfort.

材料と方法:

歯肉炎と診断された30名の参加者を研究対象とした。専門的な口腔内予防と3日間のウォッシュアウト期間を経て、患者には2つの試験装置(TePe Interdental Brushes OriginalとTePe EasyPick™、スウェーデン・マルメ)を指示に従って使用するようにアドバイスした。プラーク指数(Turesky modification of the Quigley and Hein Index)と出血指数(Papillary Bleeding Index)をベースライン時と2週間後に記録した。患者の満足度と快適性をアンケートで評価した。

MATERIALS AND METHODS: Thirty participants who had been diagnosed with gingivitis were included in the study. After professional oral prophylaxis and a 3-day washout period, patients were advised to use two test devices (TePe Interdental Brushes Original and TePe EasyPick™, Malmö, Sweden) according to instructions. The plaque index (Turesky modification of the Quigley and Hein Index) and bleeding index (Papillary Bleeding Index) were recorded at baseline and after 2 weeks. Patient satisfaction and comfort were assessed with a questionnaire.

結果:

試験した装置はいずれもプラーク指数と出血指数のスコアを改善した。時間依存的な変化については、両者の間に差はなかった。患者はIDBと比較してSCIPを使用した方が洗浄能力に満足し、快適に感じていた(p=0.001)。SCIP使用時の疼痛感はIDB使用時に比べて有意に低かった(p=0.002)。

RESULTS: Both of the tested devices improved the plaque and bleeding index scores. There were no differences between the two sides in terms of time-dependent changes. The patients felt more satisfied with the cleansing capacity and more comfortable with the use of SCIP compared with IDB (p = 0.001). Pain sensation with the use of SCIP was significantly lower than with IDB (p = 0.002).

結論:

試験した歯間装置の臨床的効果は、プラークの除去と出血の減少という点では同等であったが、SCIPの方が臨床的効果が高いことが判明した。しかし、SCIPはIDBよりも快適で好ましいことがわかった。

CONCLUSION: The clinical efficiency of the tested interdental devices was similar in terms of removing plaque and decreasing bleeding. However, SCIP were found to be more comfortable and preferable to IDB.

臨床的効果:

シリコーンコーティングされた歯間用ピックは、歯間ブラシと同様のプラーク除去効果を示し、歯間ブラシよりも使いやすさの点で優れていた。

CLINICAL RELEVANCE: The silicone coated interdental picks showed similar effects on plaque removal as interdental brushes and superiority in terms of ease to use than interdental brushes.