国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

βEval Global:BETACONNECTを使用する患者の前向き、多国籍、観察的コホート研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Patient Prefer Adherence.2020;14:771-779. 245955. doi: 10.2147/PPA.S245955.Epub 2020-04-28.

βEval Global:BETACONNECTを使用する患者の前向き、多国籍、観察的コホート研究

BetaEval Global: Prospective, Multinational, Observational Cohort Study of Patients Using BETACONNECT.

  • Francesco Patti
  • María Luisa Martínez Ginés
  • Christiane Norenberg
  • Fernando Duarte Caron
PMID: 32425509 PMCID: PMC7196206. DOI: 10.2147/PPA.S245955.

抄録

目的:

多発性硬化症(MS)の患者は、疾患修飾療法を用いた長期的な治療を継続することで利益を得ることができ、自動注射器は患者の治療に対する満足度を向上させ、それによってアドヒアランス率を高めるのに役立つかもしれません。BETACONNECTは、患者さんの注射経験を向上させるように設計されたインターフェロンβ-1b用の自動注射器です。BetaEval Global研究は、この自己注射器の価値をさらに調査するために、BETACONNECTを使用している患者の投薬量を評価しました。

Purpose: Patients with multiple sclerosis (MS) would benefit from continued long-term treatment with disease-modifying therapies, and autoinjectors may help improve patients' satisfaction with therapy, thereby increasing adherence rates. BETACONNECT is an autoinjector for interferon beta-1b designed to improve the injection experience for patients. The BetaEval Global study assessed medication intake in patients using BETACONNECT to further investigate the value of this autoinjector.

患者さんと方法:

BetaEval Global試験は、インターフェロンβ-1b治療を開始した再発寛解型MS(RRMS)または臨床的に孤立した症候群(CIS)患者を対象とした、ヨーロッパの複数の国をまたがるプロスペクティブで非介入的なコホート研究であった。インターフェロンβ-1b投与の決定は、本試験とは独立して行われた。患者は初回訪問時に評価され、4週目、12週目、24週目のフォローアップ計画訪問時に評価された。主要転帰変数は、薬物所持率(MPR)に基づく治療の遵守度であった。注射はBETACONNECT装置によって自動的に記録されたか、場合によっては患者によって自己申告された。これにより、MPRの計算に使用できる完全なデータセットが得られました。

Patients and Methods: The BetaEval Global study was a prospective, non-interventional cohort study across multiple European countries in patients with relapsing-remitting MS (RRMS) or clinically isolated syndrome (CIS) who were starting interferon beta-1b treatment. The decision to administer interferon beta-1b was made independently of the study. Patients were assessed at the initial visits and planned follow-up visits at Weeks 4, 12, and 24. The primary outcome variable was compliance with therapy based on the medication possession ratio (MPR). Injections were automatically recorded by the BETACONNECT device or, in some instances, self-reported by the patients. This allowed for a complete dataset that could be used in the calculation of the MPR.

結果:

4,908人の患者が登録され、4週目、12週目、24週目にそれぞれ93.9%、95.2%、95.4%の処方された注射を完了した。同様に、76.4%(n=318)、76.6%(n=297)、81.1%(n=284)の患者が処方された注射の80%以上を完了した。患者の自己注射器に対する満足度を評価するスコアの中央値は、この研究全体で一貫して高かった。

Results: Four hundred ninety-eight patients were enrolled and completed 93.9%, 95.2%, and 95.4% of prescribed injections at Weeks 4, 12, and 24, respectively. Similarly, 76.4% (n=318), 76.6% (n=297), and 81.1% (n=284) of patients completed at least 80% of their prescribed injections. Median scores assessing patient satisfaction with the autoinjector were consistently high across the study.

結論:

全体的に、BetaEval Globalの結果は、インターフェロンβ-1bを使用しているRRMSまたはCIS患者のこのコホートにおいて、BETACONNECT自動注射器の使用は、高いコンプライアンス、アドヒアランス、患者満足度と関連していることを実証した。

Conclusion: Overall, the results from BetaEval Global demonstrated that in this cohort of patients with RRMS or CIS on interferon beta-1b, use of the BETACONNECT autoinjector was associated with high rates of compliance, adherence, and patient satisfaction.

© 2020 Patti et al.