会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

C. crescentus xynA2 遺伝子のクローニング、発現および特性評価、および植物バイオマスの分解におけるキシラナーゼIIの応用 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Mol. Biol. Rep..2020 Jun;47(6):4427-4438. 10.1007/s11033-020-05507-2. doi: 10.1007/s11033-020-05507-2.Epub 2020-05-18.

C. crescentus xynA2 遺伝子のクローニング、発現および特性評価、および植物バイオマスの分解におけるキシラナーゼIIの応用

Cloning, expression and characterization of C. crescentus xynA2 gene and application of Xylanase II in the deconstruction of plant biomass.

  • Débora Jacomini
  • Larissa Bussler
  • Juliana Moço Corrêa
  • Marina Kimiko Kadowaki
  • Alexandre Maller
  • José Luis da-Conceição Silva
  • Rita de Cássia Garcia Simão
PMID: 32424521 DOI: 10.1007/s11033-020-05507-2.

抄録

バイオテクノロジーは、主にヘミセルロースを生分解して発酵性糖を放出する酵素を使用するため、産業用バイオプロセスに革新的な代替手段を提供しています。Caulobacter crescentus (C. crescentus)は、グリコヒドロラーゼ-GH10グループのキシラナーゼII (EC 3.2.1.8)をコードするxynA2 (CCNA_03137)のように、キシラン分解を担当する7つの遺伝子、5つのβ-キシロシダーゼ (EC 3.2.1.37)と2つのエンドオキシラナーゼ、を持っています。xynA2遺伝子をPCRにより増幅し、pTrcHisAベクターにクローニングし、大腸菌で効率的にHisタグ融合タンパク質を提供して過剰発現させた。組換えキシラナーゼ(XynA2)をニッケルセファロースカラムを用いたアフィニティークロマトグラフィーで精製し、SDS-PAGEゲル上で43kDaの単一バンドを示した。XynA2は最適なアルカリ性pH(8)を示し、アルカリ性pHで24時間安定であった。C. crescentusはメソフィリックであるが、XynA2は60℃の最適温度を持ち、65℃の耐熱性を有していた。XynAはブナ材由来のキシランに対してセルラーゼを含まないキシラノール活性を示し、50μmolmLのキシロースの存在下では阻害されなかった。また、ジチオスレイトール(DTT)は、Kを低下させ(5.78μmolmL)、K/K比を増加させ(1.63 U s)、XynA2活性を誘導した。最後に、C. crescentus XynA2はトウモロコシのワラを効率的に加水分解し、産業界の様々な分野に応用できる還元糖の放出量が高いことを示した。

Biotechnology offers innovative alternatives for industrial bioprocesses mainly because it uses enzymes that biodegrade the hemicellulose releasing fermentable sugars. Caulobacter crescentus (C. crescentus) has seven genes responsible for xylanolytic cleavage, 5 to β-xylosidases (EC 3.2.1.37) and 2 for endoxylanases, like xynA2 (CCNA_03137) that encodes Xylanase II (EC 3.2.1.8) of the glycohydrolases-GH10 group. The xynA2 gene was amplified by PCR, cloned into the pTrcHisA vector e efficiently overexpressed in E. coli providing a His-tag fusion protein. Recombinant xylanase (XynA2) was purified by affinity chromatography using a nickel sepharose column and exhibited a single 43 kDa band on SDS-PAGE gel. XynA2 showed an optimum alkaline pH (8) and stability at alkaline pH for 24 h. Although C. crescentus is mesophilic, XynA2 has optimum temperature of 60 °C and is thermo-resistance at 65 °C. XynA maintains 66% of the enzymatic activity at high temperatures (90 °C) without being denatured.The enzyme displayed a xylanolitic activity free of cellulase to xylan from beechwood and it was not inhibited in the presence of 50 μmol mL of xylose. In addition, dithiothreitol (DTT) induced XynA2 activity, as it improved its kinetic parameters by lowering the K (5.78 μmol mL) and increasing the K/K ratio (1.63 U s). Finally, C. crescentus XynA2 efficiently hydrolyzed corn straw with high release of reducing sugars that can be applied in different branches of the industry.