国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

COVID-19の患者に嵐、台風、サイクロン、ハリケーン?同じ嵐でも由来が違うものに注意 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
RMD Open.2020 05;6(1). e001295. doi: 10.1136/rmdopen-2020-001295.

COVID-19の患者に嵐、台風、サイクロン、ハリケーン?同じ嵐でも由来が違うものに注意

Storm, typhoon, cyclone or hurricane in patients with COVID-19? Beware of the same storm that has a different origin.

  • Alessia Alunno
  • Francesco Carubbi
  • Javier Rodríguez-Carrio
PMID: 32423970 PMCID: PMC7299508. DOI: 10.1136/rmdopen-2020-001295.

抄録

重症急性呼吸器症候群-コロナウイルス(SARS-CoV)-2パンデミックの間に発表されている論文のいくつかは、コロナウイルス疾患2019(COVID-19)の重篤な形態と、フェリチンレベルの上昇も伴う、いわゆるサイトカインの嵐との間のリンクを強調しています。しかし、このシナリオは、高炎症の不均一性のために、当初考えられていたよりも複雑です。コロナウイルス2019病(COVID-19)の一部の患者は、完全に吹き飛んだ二次性血球貪食細胞性リンパ組織球症(sHLH)を発症するのに対し、他の患者は、プロ炎症性サイトカインの一貫した放出にもかかわらず、sHLH基準を満たさないが、それでも高フェリチン血症症候群の表現型に類似したいくつかの特徴を示す。最終的なイベント(サイトカインの嵐)は、sHLHにつながる様々な条件によって共有されているにもかかわらず、感染性、自己免疫性または腫瘍性のいずれかの病因は、このプロセスの様々な段階の違いを説明します。さらに、高炎症性微小環境の証拠は、重度のCOVID-19の治療目的のために免疫調節剤を採用する根拠を提供した。本見解は、COVID-19における免疫調節薬の使用について、ウイルス負荷やサイトカイン/フェリチンの過剰発現の程度に応じた治療のタイミングなどの落とし穴や考慮すべき問題点について議論することを目的としている。さらに、SARS-CoV2感染が証明されている小児におけるトキシックショック症候群と非定型川崎病に類似した新規の多系統炎症性疾患についての最近の知見を網羅している。最後に、最近定義された「高フェリチン血症症候群」にCOVID-19を追加することを支持する議論も含まれており、すでに成人発症スティル病、マクロファージ活性化症候群、敗血症性ショック、破局性抗リン脂質症候群が含まれている。

Some of the articles being published during the severe acute respiratory syndrome-coronavirus (SARS-CoV)-2 pandemic highlight a link between severe forms of coronavirus disease 2019 (COVID-19) and the so-called cytokine storm, also with increased ferritin levels. However, this scenario is more complex than initially thought due to the heterogeneity of hyperinflammation. Some patients with coronavirus 2019 disease (COVID-19) develop a fully blown secondary haemophagocytic lymphohistiocytosis (sHLH), whereas others, despite a consistent release of pro-inflammatory cytokines, do not fulfil sHLH criteria but still show some features resembling the phenotype of the hyperferritinemic syndrome. Despite the final event (the cytokine storm) is shared by various conditions leading to sHLH, the aetiology, either infectious, autoimmune or neoplastic, accounts for the differences in the various phases of this process. Moreover, the evidence of a hyperinflammatory microenvironment provided the rationale to employ immunomodulating agents for therapeutic purposes in severe COVID-19. This viewpoint aims at discussing the pitfalls and issues to be considered with regard to the use of immunomodulating agents in COVID-19, such as timing of treatment based on the viral load and the extent of cytokine/ferritin overexpression. Furthermore, it encompasses recent findings in the paediatric field about a novel multisystem inflammatory disease resembling toxic shock syndrome and atypical Kawasaki disease observed in children with proven SARS-CoV2 infection. Finally, it includes arguments in favour of adding COVID-19 to the spectrum of the recently defined 'hyperferritinemic syndrome', which already includes adult-onset Still's disease, macrophage activation syndrome, septic shock and catastrophic anti-phospholipid syndrome.

© Author(s) (or their employer(s)) 2020. Re-use permitted under CC BY-NC. No commercial re-use. See rights and permissions. Published by BMJ.