会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

救急救命技師が治療した院外心停止患者の転帰は、基本的な救急救命技師と比較して改善された。JCS-ReSS研究報告書 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Resuscitation.2020 May;S0300-9572(20)30186-6. doi: 10.1016/j.resuscitation.2020.05.007.Epub 2020-05-15.

救急救命技師が治療した院外心停止患者の転帰は、基本的な救急救命技師と比較して改善された。JCS-ReSS研究報告書

Improved outcomes for out-of-hospital cardiac arrest patients treated by emergency life-saving technicians compared with basic emergency medical technicians: A JCS-ReSS study report.

  • Hiromichi Naito
  • Tetsuya Yumoto
  • Takashi Yorifuji
  • Yoshio Tahara
  • Naohiro Yonemoto
  • Hiroshi Nonogi
  • Ken Nagao
  • Takanori Ikeda
  • Naoki Sato
  • Hiroyuki Tsutsui
PMID: 32422240 DOI: 10.1016/j.resuscitation.2020.05.007.

抄録

背景:

緊急救命技術者(ELST)は、基本的な救急医療技術者(BEMT)よりも優れたケアを提供すると考えられている特別な訓練を受けた病院前医療提供者である。ELSTは高度気道やアドレナリン投与などの手技を行う資格を有しており、知識が豊富であると考えられているが、院外心停止(OHCA)に対するELSTのBEMTに対する有効性は明らかにされていない。我々は、ELSTの存在がOHCA患者の転帰を改善するかどうかを検討した。

BACKGROUND: Emergency life-saving technicians (ELSTs) are specially trained prehospital medical providers believed to provide better care than basic emergency medical technicians (BEMTs). ELSTs are certified to perform techniques such as administration of advanced airways or adrenaline and are considered to have more knowledge; nevertheless, ELSTs' effectiveness over BEMTs regarding out-of-hospital cardiac arrest (OHCA) remains unclear. We investigated whether the presence of an ELST improves OHCA patient outcomes.

方法:

2011年から2015年までに日本で治療を受けた成人OHCA患者を対象としたレトロスペクティブ研究において、少なくとも1台のELSTで搬送された患者とBEMTのみで搬送された患者の2つのOHCA患者群を比較した。主要転帰指標は、1ヵ月間の良好な神経学的転帰(Cerebral Performance Category≤2と定義)であり、多変量ロジスティック回帰モデルを用いてオッズ比(OR)と信頼区間(CI)を算出し、ELSTの効果を評価した。

METHODS: In a retrospective study of adult OHCA patients treated in Japan from 2011 to 2015, we compared two OHCA patient groups: patients transported with at least one ELST and patients transported by only BEMTs. The primary outcome measure was one-month favorable neurological outcomes, defined as Cerebral Performance Category ≤ 2. A multivariable logistic regression model was used to calculate odds ratios (ORs) and their confidence intervals (CIs) to evaluate the effect of ELSTs.

結果:

対象となったOHCA患者は552,337例で,ELST群が538,222例,BEMT群が14,115例であった.ELST群はBEMT群と比較して、良好な神経学的転帰(2.5%対2.1%、調整済みOR 1.39、95%CI 1.17-1.66)、1ヵ月生存率(4.9%対4.1%、調整済みOR 1.37、95%CI 1.22-1.54)、自然循環の復帰(8.1%対5.1%、調整済みOR 1.90、95%CI 1.72-2.11)のオッズが有意に高かった。しかし、ELSTの限られた手技範囲(アドレナリン投与または高度な気道管理)では、良好な神経学的転帰は促進されなかった。

RESULTS: Included were 552,337 OHCA patients, with 538,222 patients in the ELST group and 14,115 in the BEMT group. The ELST group had a significantly higher odds of favorable neurological outcomes (2.5% vs. 2.1%, adjusted OR 1.39, 95% CI 1.17-1.66), one-month survival (4.9% vs. 4.1%, adjusted OR 1.37, 95% CI 1.22-1.54), and return of spontaneous circulation (8.1% vs. 5.1%, adjusted OR 1.90, 95% CI 1.72-2.11) compared with the BEMT group. However, ELSTs' limited procedure range (adrenaline administration or advanced airway management) did not promote favorable neurological outcomes.

結論:

BEMT群と比較して、ELST群による搬送はOHCAにおける神経学的転帰の改善と関連していた。

CONCLUSIONS: Compared with the BEMT group, transport by the ELST group was associated with better neurological outcomes in OHCA.

Copyright © 2020 Elsevier B.V. All rights reserved.