国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

PCV2の共感染はPRRSV MLV1の安全性には影響しないが、感染したSPF豚ではPRRSV MLV1様株の病原性が増強される | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Vet. Microbiol..2020 May;244:108656. S0378-1135(20)30058-4. doi: 10.1016/j.vetmic.2020.108656.Epub 2020-03-24.

PCV2の共感染はPRRSV MLV1の安全性には影響しないが、感染したSPF豚ではPRRSV MLV1様株の病原性が増強される

PCV2 co-infection does not impact PRRSV MLV1 safety but enhances virulence of a PRRSV MLV1-like strain in infected SPF pigs.

  • Julie Eclercy
  • Thibaut Larcher
  • Mathieu Andraud
  • Patricia Renson
  • Cécilia Bernard
  • Lionel Bigault
  • Mireille Ledevin
  • Frédéric Paboeuf
  • Béatrice Grasland
  • Nicolas Rose
  • Olivier Bourry
PMID: 32402344 DOI: 10.1016/j.vetmic.2020.108656.

抄録

フランスの離乳後多系統性消耗症候群(PMWS)を発症したフランスの養豚場において、豚の生殖呼吸器症候群ウイルス(PRRSV)の1型改変ライブワクチン様株(MLV1様)と2型の豚サーコウイルス(PCV2)との共感染が確認された。インビボ実験では、親の MLV1 株と比較して MLV1 に類似した株の病原性レベルを明らかにし、PCV2 の共感染が両 PRRSV 株の病原性に与える影響を評価した。各6匹のブタの6つのグループを、2つのPRRSV株のいずれか一方のみを接種するか、またはPCV2とMLV1株、またはPCV2とMLV1様株との共接種を行った。ウイルス感染を評価するために、6匹の接触豚を各接種群に加えた。接種後35日間、動物を毎日モニターして臨床症状を調べた。血液および鼻腔スワブを週に2回採取し、ウイルスの定量化のために壊死時に組織サンプルを採取した。MLV1に感染したブタと比較して、MLV1に類似した株に感染した動物では、PRRSVのウイルス感染と鼻汁排出が増加し、扁桃腺のウイルス負荷が高く、顕微鏡レベルではリンパ節の肥大が認められた。PCV2との共感染はMLV1の臨床的、ウイルス学的、感染率に影響を与えなかったが、MLV1-like/PCV2と共感染したブタは、最も重篤な肺病変、接触動物における最も高いウイルス感染症、最も高い感染率を示した。我々の研究では、試験した MLV1 株は、子豚に PCV2 を共接種した場合に安全であることが実証された。しかし、MLV1様株とPCV2による共感染は、単一感染によるものと比較して病原性の増加をもたらした。

Co-infection by a type 1 modified live vaccine-like strain (MLV1-like) of porcine reproductive and respiratory syndrome virus (PRRSV) and a type 2 porcine circovirus (PCV2) was identified on a French pig farm with post-weaning multisystemic wasting syndrome (PMWS). An in vivo experiment was set up to characterize the virulence level of the MLV1-like strain compared with the parental MLV1 strain, and to assess the impact of PCV2 co-infection on the pathogenicity of both PRRSV strains. Six groups of six pigs each were inoculated only with either one of the two PRRSV strains or with PCV2, or co-inoculated with PCV2 and MLV1 or PCV2 and MLV1-like strains. Six contact pigs were added to each inoculated group to assess viral transmission. The animals were monitored daily for 35 days post-inoculation for clinical symptoms. Blood and nasal swabs were sampled twice a week, and tissue samples were collected during necropsy for viral quantification. Compared to MLV1-infected pigs, animals infected with the MLV1-like strain had increased PRRSV viremia and nasal shedding, a higher viral load in the tonsils, and lymph node hypertrophy at microscopic level. PCV2 co-infection did not influence clinical, virologic or transmission parameters for MLV1, but co-infected MLV1-like/PCV2 pigs had the most severe lung lesions, the highest viremia in contact animals and the highest transmission rate. Our study demonstrated that the MLV1 strain tested was safe when co-inoculated with PCV2 in piglets. However, co-infection by the MLV1-like strain and PCV2 resulted in increased virulence compared with that due to a single infection.

Copyright © 2020 Elsevier B.V. All rights reserved.