会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

改善されたものと改善されていないものザンビアのルサカの都市周辺居住地における衛生と下痢症に影響を与える要因 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS ONE.2020;15(5):e0232763. PONE-D-20-05682. doi: 10.1371/journal.pone.0232763.Epub 2020-05-13.

改善されたものと改善されていないものザンビアのルサカの都市周辺居住地における衛生と下痢症に影響を与える要因

The improved and the unimproved: Factors influencing sanitation and diarrhoea in a peri-urban settlement of Lusaka, Zambia.

  • Sikopo Nyambe
  • Lina Agestika
  • Taro Yamauchi
PMID: 32401762 PMCID: PMC7219762. DOI: 10.1371/journal.pone.0232763.

抄録

都市周辺部のサニテーションは、高密度で無計画な土地柄、限られたスペースと従来のサニテーション設置のための資金があることから、独自の課題となっている。利用者やニーズをよりよく理解し、都市周辺部の衛生設備政策に役立てるために、本研究では多変量段階的ロジスティック回帰を用いて、都市周辺部の住民の間で改善された(トイレ)衛生設備と改善されていない(チャンバー)衛生設備の利用に関連した要因を評価した。ザンビアのルサカの都市近郊居住区1カ所に住む205人の世帯主を対象に、社会人口統計学(経済状況、教育レベル、配偶者の有無など)、世帯の衛生特性(トイレ設備、所有・管理)、世帯の下痢の有病率に関するデータを分析した。家庭の水・衛生・衛生(WASH)設備は、WHO-ユニセフの基準に基づいて評価された。特に関心が高かったのは、トイレ施設とチャンバーの同時使用であり、これは改善されていない衛生設備の代替手段であり、オールインワンの適切な代替手段に焦点を当てたものであった。その結果、定期的な収入があること、民間のトイレ設備、改善された飲料水、手洗い設備があることは、すべて改善されたトイレ設備を持つことと正の相関関係があることが明らかになった。興味深いことに、改善されたトイレとチャンバーの両方が、下痢症の有病率の増加を示していた。チャンバーを使用する確率は、女性と改善されていないトイレの使用者でも高かった。さらに、トイレが住民の所有物であり、衛生管理が外部で行われている場合には、チャンバーを利用する可能性が高くなっていた。最終的には、利用者の多いトイレの方が下痢の有病率が高いことが明らかになった。この結果は、衛生面での全体的な成功のためには、WASHに対する全体的で同時進行的なアプローチが必要であることを強調している。都市周辺の衛生環境へのアクセスを改善し、都市周辺の衛生環境を向上させるために、本研究では高密度地域のために、改善された民間施設や共有施設、トイレの管理、総合的な利用(改善されていない代替施設のキャンセル)を考慮した別個の衛生ラダーを推奨している。さらに、都市部の貧困層が基本的な衛生設備を利用できるように支援するための資金計画、およびトイレ施設のモデル、衛生、管理、リスクに関する教育の増加を求め、トイレ利用のメリットを最大化するための施設の選択と適切な利用を支援することを求めている。

Accounting for peri-urban sanitation poses a unique challenge due to its high density, unplanned stature, with limited space and funding for conventional sanitation instalment. To better understand users, needs and inform peri-urban sanitation policy, our study used multivariate stepwise logistic regression to assess the factors associated with use of improved (toilet) and unimproved (chamber) sanitation facilities among peri-urban residents. We analysed data from 205 household heads in 1 peri-urban settlement of Lusaka, Zambia on socio-demographics (economic status, education level, marital status, etc.), household sanitation characteristics (toilet facility, ownership and management) and household diarrhoea prevalence. Household water, sanitation and hygiene (WASH) facilities were assessed based on WHO-UNICEF criteria. Of particular interest was the simultaneous use of toilet facilities and chambers, an alternative form of unimproved sanitation with focus towards all-in-one suitable alternatives. Findings revealed that having a regular income, private toilet facility, improved drinking water and handwashing facility were all positively correlated to having an improved toilet facility. Interestingly, both improved toilets and chambers indicated increased odds for diarrhoea prevalence. Odds of chamber usage were also higher for females and users of unimproved toilet facilities. Moreover, when toilets were owned by residents, and hygiene was managed externally, use of chambers was more likely. Findings finally revealed higher diarrhoea prevalence for toilets with more users. Results highlight the need for a holistic, simultaneous approach to WASH for overall success in sanitation. To better access and increase peri-urban sanitation, this study recommends a separate sanitation ladder for high density areas which considers improved private and shared facilities, toilet management and all-inclusive usage (cancelling unimproved alternatives). It further calls for financial plans supporting urban poor access to basic sanitation and increased education on toilet facility models, hygiene, management and risk to help with choice and proper facility use to maximize toilet use benefit.