会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

COVID-19の予防可能なアウトカムとしての肺水腫の緊急再考:TRPV4の阻害は有望で実行可能なアプローチである | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am. J. Physiol. Lung Cell Mol. Physiol..2020 06;318(6):L1239-L1243. doi: 10.1152/ajplung.00161.2020.Epub 2020-05-13.

COVID-19の予防可能なアウトカムとしての肺水腫の緊急再考:TRPV4の阻害は有望で実行可能なアプローチである

Urgent reconsideration of lung edema as a preventable outcome in COVID-19: inhibition of TRPV4 represents a promising and feasible approach.

  • Wolfgang M Kuebler
  • Sven-Eric Jordt
  • Wolfgang B Liedtke
PMID: 32401673 PMCID: PMC7276984. DOI: 10.1152/ajplung.00161.2020.

抄録

現在もほとんどの国で指数関数的に加速している2020年のパンデミックにおけるコロナウイルス感染症(COVID-19)の致死性は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染の直接的な結果として、肺の肺胞-毛細血管バリアの破壊によって決定的に駆動され、肺水腫を引き起こす。我々は、TRPV4の阻害は肺水腫の様々な前臨床モデルにおいて保護効果があり、TRPV4の過剰活性化は肺胞-毛細血管バリアを強力に損傷し、致死的な結果をもたらすという根拠に基づいて、この問題に対処するための戦略として、一過性受容体電位バニロイド4(TRPV4)カルシウム透過性イオンチャネルを阻害することを主張しています。TRPV4阻害薬は、COVID-19患者においても、この重要なバリアを保護することができる可能性があると考えられる。選択的TRPV4阻害薬を用いた臨床試験では、健康なボランティアと心原性肺水腫患者を対象に、良性の安全性が示された。我々は、呼吸器機能不全を有し、肺水腫のリスクがあるCOVID-19患者において、この阻害剤の迅速な臨床試験が必要であることを主張している。興味深いことに、現在追求されているCOVID-19に対する治療戦略の中で、肺胞-毛細血管バリアを直接保護するように設計されたものはない。肺胞-毛細血管バリアの保護に成功すれば、COVID-19の致死率が低下するだけでなく、人工呼吸器を用いた呼吸を提供する能力が不十分な医療現場での苦悩のシナリオを先取りすることができる。

Lethality of coronavirus disease (COVID-19) during the 2020 pandemic, currently still in the exponentially accelerating phase in most countries, is critically driven by disruption of the alveolo-capillary barrier of the lung, leading to lung edema as a direct consequence of severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) infection. We argue for inhibition of the transient receptor potential vanilloid 4 (TRPV4) calcium-permeable ion channel as a strategy to address this issue, based on the rationale that TRPV4 inhibition is protective in various preclinical models of lung edema and that TRPV4 hyperactivation potently damages the alveolo-capillary barrier, with lethal outcome. We believe that TRPV4 inhibition has a powerful prospect at protecting this vital barrier in COVID-19 patients, even to rescue a damaged barrier. A clinical trial using a selective TRPV4 inhibitor demonstrated a benign safety profile in healthy volunteers and in patients suffering from cardiogenic lung edema. We argue for expeditious clinical testing of this inhibitor in COVID-19 patients with respiratory malfunction and at risk for lung edema. Perplexingly, among the currently pursued therapeutic strategies against COVID-19, none is designed to directly protect the alveolo-capillary barrier. Successful protection of the alveolo-capillary barrier will not only reduce COVID-19 lethality but will also preempt a distressing healthcare scenario with insufficient capacity to provide ventilator-assisted respiration.