会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

乏再発前立腺がんに対する初期治療後のPSMA PET誘導放射線治療の有効性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Strahlenther Onkol.2020 May;10.1007/s00066-020-01629-5. doi: 10.1007/s00066-020-01629-5.Epub 2020-05-12.

乏再発前立腺がんに対する初期治療後のPSMA PET誘導放射線治療の有効性

Efficacy of repeated PSMA PET-directed radiotherapy for oligorecurrent prostate cancer after initial curative therapy.

  • Christoph Henkenberens
  • Ann-Kathrin Oehus
  • Thorsten Derlin
  • Frank Bengel
  • Tobias L Ross
  • Markus A Kuczyk
  • Stefan Janssen
  • Hans Christiansen
  • Christoph A J von Klot
PMID: 32399639 DOI: 10.1007/s00066-020-01629-5.

抄録

目的:

乏再発前立腺がんと診断され、PSMA(前立腺特異膜抗原リガンド)PET(陽電子断層撮影)誘導放射線治療(RT)を初回および2回目に受けた前立腺がん(PCa)患者の転帰を評価する。

PURPOSE: To assess the outcome of prostate cancer (PCa) patients diagnosed with oligorecurrent disease and treated with a first and a second PSMA (prostate-specific membrane antigen ligand) PET(positron-emission tomography)-directed radiotherapy (RT).

患者と方法:

治癒療法後に再発を認めた32例の患者は、全転移巣に対して最初のPSMA PETによるRTを受けた後、全転移巣に対して2回目のPSMA PETによるRTを受けた。生物化学的に進行した後、全患者が2回目のPSMA PETによる全転移のRTを受けた。主要転帰パラメータは、生化学的無増悪生存期間(bPFS)とアンドロゲン遮断療法無増悪生存期間(ADT-FS)であった。BPFSの間隔は、PSMA PETによるRTの最終日から最初の生化学的進行までの間隔をbPFS_1、2回目のPSMA PETによるRTからさらに生化学的進行までの間隔をbPFS_2と定義し、それぞれ別個に解析した。

PATIENTS AND METHODS: Thirty-two patients with oligorecurrent relapse after curative therapy received a first PSMA PET-directed RT of all metastases. After biochemical progression, all patients received a second PSMA PET-directed RT of all metastases. The main outcome parameters were biochemical progression-free survival (bPFS) and androgen deprivation therapy-free survival (ADT-FS). The intervals of BPFS were analyzed separately as follows: the interval from the last day of PSMA PET-directed RT to the first biochemical progression was defined as bPFS_1 and the interval from second PSMA PET-directed RT to further biochemical progression was defined as bPFS_2.

結果:

追跡期間中央値は39.5ヵ月(18~60)であった。32人中1人(3.1%)の患者が、進行性転移性前立腺がん(mPCa)の47ヵ月後に死亡した。すべての患者で初回のPSMA PET指示RT後に生化学的反応が認められ、RT前の前立腺特異抗原(PSA)値の中央値は1.70ng/mL(0.2~3.8)であったが、その後有意に減少し、平均PSA直下値0.39ng/mL(範囲<0.07~3.8;p=0.004)まで低下した。また、PSMA PET指示RT後の生化学的進行時のPSA値の中央値は2.9ng/mL(範囲0.12~12.80;p=0.24)であった。さらに、2回目のPSMA PET-directed RT後の最終フォローアップ時のPSA値(0.52ng/mL、範囲<0.07~154.0)は、1回目のPSMA PET-directed RT前のPSA値中央値(1.70ng/mL、範囲0.2~3.8)と有意差はなかった(p=0.36)。bPFS_1の中央値は、1回目のPSMA PET-directed RT後16.0ヵ月後(95%CI 11.9~19.2)であり、2回目のPSMA PET-directed RT後8.0ヵ月後(95%CI 6.3~17.7)ではbPFS_2の中央値が有意に短かった(p=0.03、95%CI 1.9~8.3)。多変量解析では、bPFS_1については有意なパラメータは認められなかったが、bPFS_2については多変量解析では椎間板外疾患が唯一の有意なパラメータであった(p=0.02、OR 2.3;95%CI 0.81-4.19)。ADT-FS中央値は31.0ヵ月(95%CI 20.1-41.8)であり、多変量解析の結果、骨転移を有する患者は、初回PSMA PET照射時にリンパ節転移のみの患者と比較して、最終フォローアップ時にADTを必要とする可能性が有意に高い(p=0.007、OR 4.51、95%CI 1.8-13.47)ことが示された。

RESULTS: The median follow-up duration was 39.5 months (18-60). One out of 32 (3.1%) patients died after 47 months of progressive metastatic prostate cancer (mPCa). All patients showed biochemical responses after the first PSMA PET-directed RT and the median prostate-specific antigen (PSA) level before RT was 1.70 ng/mL (0.2-3.8), which decreased significantly to a median PSA nadir level of 0.39 ng/mL (range <0.07-3.8; p = 0.004). The median PSA level at biochemical progression after the first PSMA PET-directed RT was 2.9 ng/mL (range 0.12-12.80; p = 0.24). Furthermore, the PSA level after the second PSMA PET-directed RT at the last follow-up (0.52 ng/mL, range <0.07-154.0) was not significantly different (p = 0.36) from the median PSA level (1.70 ng/mL, range 0.2-3.8) before the first PSMA PET-directed RT. The median bPFS_1 was 16.0 months after the first PSMA PET-directed RT (95% CI 11.9-19.2) and the median bPFS_2 was significantly shorter at 8.0 months (95% CI 6.3-17.7) after the second PSMA PET-directed RT (p = 0.03; 95% CI 1.9-8.3). Multivariate analysis revealed no significant parameter for bPFS_1, whereas extrapelvic disease was the only significant parameter (p = 0.02, OR 2.3; 95% CI 0.81-4.19) in multivariate analysis for bPFS_2. The median ADT-FS was 31.0 months (95% CI 20.1-41.8) and multivariate analysis showed that patients with bone metastases, compared to patients with only lymph node metastases at first PSMA PET-directed RT, had a significantly higher chance (p = 0.007, OR 4.51; 95% CI 1.8-13.47) of needing ADT at the last follow-up visit.

結論:

もし患者がPSMA PETスキャンを含めて綿密にフォローアップされていれば、2回目のPSMA PET照射RTは、十分な情報を得た上で選択された患者にとっては有益な治療法の選択肢となるだろう。

CONCLUSION: If patients are followed up closely, including PSMA PET scans, a second PSMA PET-directed RT represents a viable treatment option for well-informed and well-selected patients.