会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

狭窄性心膜炎に対する心膜切除術を受けた患者における三尖弁逆流 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Semin. Thorac. Cardiovasc. Surg..2020 May;S1043-0679(20)30052-6. doi: 10.1053/j.semtcvs.2020.03.003.Epub 2020-05-07.

狭窄性心膜炎に対する心膜切除術を受けた患者における三尖弁逆流

Tricuspid Valve Regurgitation in Patients Undergoing Pericardiectomy for Constrictive Pericarditis.

  • Rolando Calderon-Rojas
  • Kevin L Greason
  • Katherine S King
  • Jae K Oh
  • John M Stulak
  • Richard C Daly
  • Joseph A Dearani
  • Hartzell V Schaff
PMID: 32387779 DOI: 10.1053/j.semtcvs.2020.03.003.

抄録

我々は,心筋収縮性心膜炎に対する心膜切除術後の死亡リスクの増加と三尖弁逆流が関連しているという仮説を立てた.2000年1月から2016年12月までの間に収縮性心膜炎に対する心膜切除術を受けた患者518人の記録を再検討した。放射線誘発性収縮性心膜炎、結核関連収縮性心膜炎、三尖弁インターベンションを併用した症例は除外した。患者は術前の経胸腔心エコー検査による三尖尖性逆流のグレードによって分類された:276例(53%)ではnon/trivial、191例(37%)ではmild、51例(10%)ではmoderate/severeであった。多変量Cox比例ハザード回帰モデルを用いて、三尖弁逆流症のグレードと死亡率との関連を決定した。本研究の主要エンドポイントは死亡率であった。患者の年齢中央値は62歳(四分位間範囲51~69)、性別は409人(79%)の患者で男性、左室駆出率は60%(54~65)であった。臨床フォローアップは全患者で中央値7.6年(3.6~11.3年)で行われた。死亡率のKaplan-Meier推定値は1年目で10.6%、5年目で23.5%、10年目で39.0%であった。多変量解析では、軽度の三尖弁閉鎖不全症と非三尖弁閉鎖不全症(ハザード比1.64;95%信頼区間1.11-2.43;P=0.012)、中等度・重度の三尖弁閉鎖不全症と非三尖弁閉鎖不全症(ハザード比2.27;95%信頼区間1.39-3.69;P=0.001)で死亡リスクが増加した。これらの所見は右室機能とは無関係であった。三尖弁逆流は、収縮性心膜炎のために心膜切除術を受けた患者において、一般的かつ臨床的に重要な併存疾患である。軽度またはそれ以上の三尖弁逆流は、手術後の死亡リスクの増加と関連している。

We hypothesized that tricuspid valve regurgitation was associated with increased risk of mortality after pericardiectomy for constrictive pericarditis. We reviewed the records of 518 patients who received pericardiectomy for constrictive pericarditis between January 2000 and December 2016. We excluded cases of radiation induced constrictive pericarditis, tuberculous-related constrictive pericarditis, and concomitant tricuspid valve intervention. Patients were classified according to preoperative transthoracic echocardiography tricuspid regurgitation grade: none/trivial in 276 (53%) patients, mild in 191 (37%), and moderate/severe in 51 (10%). A multivariable Cox proportional hazards regression model was used to determine an association between tricuspid valve regurgitation grade and mortality. Primary endpoint of this study was mortality. Median patient age was 62 years (interquartile range 51-69), sex was male in 409 (79%) patients, and left ventricular ejection fraction was 60% (54-65). Clinical follow-up was obtained in all patients at a median of 7.6 years (3.6-11.3). Kaplan-Meier estimates of mortality were 10.6% at 1 year, 23.5% at 5 years, and 39.0% at 10 years. Multivariable analysis demonstrated increased mortality risk with mild tricuspid valve regurgitation vs none/trivial (hazard ratio 1.64; 95% confidence interval 1.11-2.43; P = 0.012) and moderate/severe tricuspid valve regurgitation vs none/trivial (hazard ratio 2.27; 95% confidence interval 1.39-3.69; P = 0.001). These findings were independent of right ventricular function. Tricuspid valve regurgitation is a common and clinically important comorbidity in patients operated with pericardiectomy for constrictive pericarditis. Mild or greater tricuspid valve regurgitation is associated with an increased risk of mortality following operation.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.