会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

コアシェルポリ(D,l-ラクチド-コ-グリコリド)-キトサンナノスフェアとシムバスタチン-ドキシサイクリンを用いた歯周および骨修復のためのコアシェルキトサンナノスフェア | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int. J. Biol. Macromol..2020 May;158:627-635. S0141-8130(20)33043-9. doi: 10.1016/j.ijbiomac.2020.04.183.Epub 2020-05-07.

コアシェルポリ(D,l-ラクチド-コ-グリコリド)-キトサンナノスフェアとシムバスタチン-ドキシサイクリンを用いた歯周および骨修復のためのコアシェルキトサンナノスフェア

Core-Shell poly-(D,l-Lactide-co-Glycolide)-chitosan Nanospheres with simvastatin-doxycycline for periodontal and osseous repair.

  • Po-Chun Chang
  • Wei-Chiu Tai
  • Hui-Ting Luo
  • Chern-Hsiung Lai
  • Hsu-Hsiang Lin
  • Zhi-Jie Lin
  • Ying-Chieh Chang
  • Bor-Shiunn Lee
PMID: 32387616 DOI: 10.1016/j.ijbiomac.2020.04.183.

抄録

本研究の目的は、シンバスタチン(SIM)とドキシサイクリン(DOX)をカプセル化したコアシェル型ポリ(D,l-ラクチド-コ-グリコリド)キトサン(PLGA-キトサン)ナノスフェアの歯周病および大顎骨欠損の促進効果を評価することである。PLGAキトサンナノスフェアにSIMとDOXをダブルエマルジョン法でカプセル化し、ラットの実験的歯周炎および大顎骨欠損部に1〜4週間投与した。得られたナノスフェアーは直径200nmのコアシェル構造を有し、28日間持続的にSIMとDOXを放出した。DOXおよびSIM-DOXナノスフェアは、P. gingivalisおよびS. sanguinisを有意に抑制した。実験的歯周炎部位では、SIM-DOXはIL-1bとMMP-8を有意に抑制し、骨量を有意に減少させた。下顎骨欠損部では、VEGFがアップレギュレートされ、骨形成がSIMナノスフェアー処理により有意に増強された。結論として、コアシェルPLGAキトサンナノスフェアは、持続的にSIMとDOXを放出した。SIM-DOXとSIM nanospheresは、それぞれ感染した歯周部位と非感染性の骨の欠陥の修復を促進すると考えられる。

This study aimed to evaluated the potential of core-shell poly(D,l-lactide-co-glycolide)-chitosan (PLGA-chitosan) nanospheres encapsulating simvastatin (SIM) and doxycycline (DOX) for promoting periodontal and large-sized osseous defects. SIM, and/or DOX were encapsulated in PLGA-chitosan nanospheres using double emulsion technique and were delivered to sites of experimental periodontitis and large-sized mandibular osseous defects of rats for 1-4 weeks. The resultant nanospheres were ~ 200 nm diameter with distinct core-shell structure and released SIM and DOX sustainably for 28 days. DOX and SIM-DOX nanospheres significantly inhibited P. gingivalis and S. sanguinis. In experimental periodontitis sites, SIM-DOX nanospheres significantly down-regulated IL-1b and MMP-8 and significantly reduced bone loss. In mandibular osseous defects, VEGF was up-regulated, and osteogenesis was significantly augmented with SIM nanospheres treatment. In conclusion, core-shell PLGA-chitosan nanospheres released SIM and DOX sustainably. SIM-DOX and SIM nanospheres could be considered to promote the repair of infected periodontal sites and non-infected osseous defects respectively.

Copyright © 2018 Elsevier B.V. All rights reserved.