会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

医学生の授業への患者参加:病院患者を対象とした調査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Med Educ.2020 May;20(1):142. 10.1186/s12909-020-02052-1. doi: 10.1186/s12909-020-02052-1.Epub 2020-05-07.

医学生の授業への患者参加:病院患者を対象とした調査

Patient participation in medical student teaching: a survey of hospital patients.

  • Nathan G Rockey
  • Guilherme Piovezani Ramos
  • Susan Romanski
  • Dennis Bierle
  • Matthew Bartlett
  • Magnus Halland
PMID: 32381082 PMCID: PMC7206775. DOI: 10.1186/s12909-020-02052-1.

抄録

背景:

医学生の指導に入院患者を参加させることは一般的に行われているにもかかわらず、患者の体験についてはほとんど知られていない。本研究では、医学生のベッドサイドでの指導に参加することに対する入院患者の意欲、動機、経験を調査した。

BACKGROUND: Despite the common practice of involving in-patients in the teaching of medical students little is known about the experience for patients. This study investigated inpatients' willingness, motivations and experience with participation in medical student bedside teaching.

方法:

医学生の指導に参加した第三次病院の入院患者を対象に、22の質問に回答してもらった。この調査では、これらの患者の動機、影響、全体的な経験を調べた。

METHODS: In-patients at a tertiary hospital who participated in medical student teaching answered a 22 question survey. The survey examined the motivations, impact and overall experience for these patients.

結果:

2019年7月~8月の間に、19~93歳の患者111名がアンケートに回答した。プリセプターから指導への参加を打診された患者のほとんどが参加に同意した(74%)。96%の患者は、医学生の指導に参加したくなければ断れたと感じていた。90%の患者は学生と過ごした時間を大切にしていた。

RESULTS: During July and August of 2019, 111 patients aged 19-93 years completed the survey. Most patients who were approached by preceptors to participate in teaching agreed to participate (74%). Ninety-six percent of patients felt like they could have said no if they had not wanted to participate in medical student teaching. Ninety percent of patients valued the time they spent with students.

結論:

入院患者のほとんどは、医学生の指導に参加して役に立てることを望んでおり、ほとんどの患者は肯定的な経験をしている。学部医学教育のプリセプターは、質の高いインフォームド・コンセントのプロセスを優先し、学生と患者が相互に生産的な教育経験を積むことができることを理解すべきである。

CONCLUSIONS: Most hospital inpatients are willing to participate in medical student teaching in order to be helpful, and most have a positive experience. Preceptors in undergraduate medical education should prioritize a quality informed consent process and understand that the teaching experience can be mutually productive for patients and students.