会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

食道内視鏡的粘膜下層剥離術後の狭窄予防としてのステロイド注射とポリグリコール酸遮蔽:レトロスペクティブな比較分析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Gastrointest. Endosc..2020 May;S0016-5107(20)34270-X. doi: 10.1016/j.gie.2020.04.070.Epub 2020-05-03.

食道内視鏡的粘膜下層剥離術後の狭窄予防としてのステロイド注射とポリグリコール酸遮蔽:レトロスペクティブな比較分析

Steroid injection and polyglycolic acid shielding as a prevention against stricture after esophageal endoscopic submucosal dissection: a retrospective comparative analysis.

  • Yoshiki Sakaguchi
  • Yosuke Tsuji
  • Tomohiro Shinozaki
  • Daisuke Ohki
  • Hiroya Mizutani
  • Chihiro Minatsuki
  • Keiko Niimi
  • Nobutake Yamamichi
  • Kazuhiko Koike
PMID: 32376336 DOI: 10.1016/j.gie.2020.04.070.

抄録

背景と目的:

広範囲食道内視鏡下粘膜下層剥離術(ESD)後の術後狭窄は重篤な有害事象である。これまでのシングルアームでの報告では、ポリグリコール酸(PGA)による遮蔽が狭窄を予防する可能性が示唆されている。本研究は、この方法の有効性を比較分析により評価するために実施された。

BACKGROUND AND AIMS: Postoperative stricture after expansive esophageal endoscopic submucosal dissection (ESD) is a severe adverse event. Previous single-arm reports have suggested that polyglycolic acid (PGA) shielding may prevent stricture. This study was performed to assess the efficacy of this method through a comparative analysis.

方法:

東京大学医学部附属病院で2002年から2018年までに実施された食道ESDの連続症例500例を対象にレトロスペクティブに解析したものです。2013年以降、食道周長の1/2以上を覆う表在性食道癌と診断された患者を対象に、ESD後に「PGA遮蔽」または「ステロイド注射+PGA遮蔽」による予防治療を行った。これらの方法のESD後の狭窄予防効果を多変量ロジスティック回帰分析により評価した。

METHODS: This is a retrospective analysis of 500 consecutive cases of esophageal ESD performed between 2002 and 2018 at the University of Tokyo Hospital. After 2013, patients with a diagnosis of superficial esophageal carcinoma covering over 1/2 the esophageal circumference underwent preventive treatment with either "PGA shielding" or "steroid injection + PGA shielding" after ESD. The efficacy of these methods for preventing post-ESD stricture was assessed through multivariable logistic regression analysis.

結果:

術後狭窄のリスクは特に頸部食道(OR、4.60;95%CI、0.65~61.09)と全周切除後(OR、3.58×10;95%CIの下限>185)で高かった。"ステロイド注射+PGA遮蔽"は狭窄予防に有意に有効な唯一の方法であった(OR、0.30;95%CI、0.10-0.78;p=0.009)。比較的リスクの低いサブグループ(子宮頸部食道癌と全周切除を除く)では、「ステロイド注入+PGA遮蔽」対「対照」の術後狭窄率はそれぞれ18.9%対41.4%対51.7%であった(p=0.015)。しかし,極めてリスクの高い症例では有効性が限定的であった。

RESULTS: The risk of postoperative stricture was especially high in the cervical esophagus (OR, 4.60; 95% CI, 0.65-61.09) and after total circumferential resection (OR, 3.58×10; lower bound of 95% CI > 185). "Steroid injection + PGA shielding" was the only method significantly effective in preventing stricture (OR, 0.30; 95% CI, 0.10-0.78; p = 0.009). In the relatively low-risk subgroup (excluding cervical esophageal cancer and complete circumferential resection), the postoperative stricture rates for "steroid injection + PGA shielding" versus "PGA shielding" versus "control" were 18.9% versus 41.4% versus 51.7%, respectively (p = 0.015). However, the efficacy of this was limited in extremely high-risk cases.

結論:

ステロイド注射とPGA遮蔽の併用はESD後の狭窄予防に効果的です。子宮頸部食道癌や円周方向完全切除術ではさらに有効な方法が求められている。

CONCLUSION: The combination of steroid injection and PGA shielding is effective for preventing post-ESD stricture. There is a need for even more effective methods for cervical esophageal cancer and complete circumferential resection.

Copyright © 2020 American Society for Gastrointestinal Endoscopy. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.