会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

隔離。患者の視点 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Issues Ment Health Nurs.2020 May;:1-13. doi: 10.1080/01612840.2019.1710005.Epub 2020-05-06.

隔離。患者の視点

Seclusion: A Patient Perspective.

  • Silvia Allikmets
  • Caryl Marshall
  • Omar Murad
  • Kamal Gupta
PMID: 32374636 DOI: 10.1080/01612840.2019.1710005.

抄録

精神的に不健康で攻撃的な患者の適切な治療は、何世紀にもわたって精神医学の課題となってきました。隔離は世界中で実践されていますが、その適切性や代替手段がないことについての懸念が残っています。患者は一般的に、隔離は否定的な経験であると報告していますが、このことを詳細に調査した文献はほとんどありません。本調査は、精神科集中治療室(PICU)における隔離前(情報、コミュニケーション)、隔離中(レビュー、ケア)、隔離後(ディブリーフィング、リフレクション)のプロセスについて、入院患者の視点から評価したサービス評価である。この現象学的研究では、構造化面接の質問紙を用いて質的データを収集した。すべての患者は、サウスロンドンとモーズリーNHS財団トラストの男性PICUへの入院中、隔離状態で看護されていました。10人の患者が4ヶ月間にわたってインタビューを受けました。中心的なテーマは、患者と専門家の関係におけるコミュニケーションの欠如であり、(i)患者への暴力、(ii)心理的サポートの欠如、(iii)代替手段の必要性として明らかになった。患者からのこのようなフィードバックは、国のガイドラインが適切かどうか、あるいは遵守されているかどうかを問うものである。医療従事者は、患者中心のケアの水準を継続的に向上させるために、受け入れられている慣行に挑戦する責任がある。患者の視点を利用することは、弱い立場にある患者のより人道的な治療に向けた変革の強力な推進力となりうる。

The appropriate treatment of mentally unwell, aggressive patients has challenged psychiatry for centuries. Seclusion is practiced worldwide, but concerns remain regarding its appropriateness and lack of alternatives. Patients generally report seclusion as a negative experience, though there is a paucity of literature exploring this in detail. This investigation was a service evaluation appraising inpatients' perspective of processes occurring before (information, communication), during (review, care), and after (debrief, reflection) seclusion in a psychiatric intensive care unit (PICU). In this phenomenological study, qualitative data were gathered using a questionnaire in a structured interview. All patients had been nursed in seclusion during admission to a male PICU at South London and the Maudsley NHS Foundation Trust. Ten patients were interviewed over 4 months. The central theme was perceived lack of communication in the patient-professional relationship, which manifested itself as (i) violence against patients, (ii) lack of psychological support, and (iii) the need for alternatives. Such feedback from patients queries whether national guidelines are appropriate and/or being adhered to. Healthcare practitioners have a responsibility to challenge accepted practice to continually improve the standard of patient-centred care. Utilising patient perspectives can be a powerful driver of change towards more humane treatment of vulnerable patients.