会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

腹水を合併した鼠径ヘルニアに対するGilbert二重層グラフト法。81例の患者を対象としたレトロスペクティブ研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Surgery.2020 Jul;168(1):135-140. S0039-6060(20)30111-2. doi: 10.1016/j.surg.2020.02.025.Epub 2020-05-01.

腹水を合併した鼠径ヘルニアに対するGilbert二重層グラフト法。81例の患者を対象としたレトロスペクティブ研究

Gilbert double layer graft method for groin hernias in patients with ascites: A retrospective study of 81 patients.

  • Shiwei Yang
  • Yongyang Yu
  • Yong Wang
  • Wenqin Luo
  • Bing Wu
  • Wenzhang Lei
  • Zongguang Zhou
PMID: 32362435 DOI: 10.1016/j.surg.2020.02.025.

抄録

背景:

腹水を有する鼠径ヘルニア修復術を受けた腹水患者は、腹水を有しない患者に比べて罹患率、死亡率ともに高く、腹水を有する患者におけるヘルニア治療の適応については議論がある。本研究の目的は,腹水を合併した鼠径ヘルニア患者81例を対象に,Gilbert法を用いた無張力下でのヘルニア開腹術の臨床結果を解析することであった。

BACKGROUND: Patients with ascites undergoing an inguinal hernia repair have an increased rate of both morbidity and mortality compared with those without ascites, leading to controversy regarding the indications for herniorrhaphy in patients with ascites. The purpose of this retrospective study was to analyze the clinical results of a tension-free herniorrhaphy using the Gilbert approach in 81 patients with an inguinal hernia complicated by the presence of ascites.

方法:

2008年11月から2014年11月までの間に四川大学西中国病院で無張力ヘルニア修復術を受けた腹水患者81例の臨床データをレトロスペクティブに解析した。メッシュデバイスの下敷きパッチは筋口の後面全体を覆うように広げ、デバイスの上敷きパッチは横筋膜の前方に配置し、結節腱と鼠径靭帯に単一縫合で固定した。2016年11月までの24ヶ月間、全患者を電話と外来診察でフォローアップした。

METHODS: We analyzed retrospectively the clinical data of 81 patients with ascites who underwent a tension-free hernia repair between November 2008 and November 2014 at the West China Hospital of Sichuan University. The underlay patch of the mesh device was spread to cover the entire posterior surface of the myopectineal orifice, while the onlay patch of the device was placed anterior to the transversalis fascia and fixed to the conjoint tendon and the inguinal ligament with single sutures. All patients were followed up via phone calls and outpatient examinations for 24 months until November 2016.

結果:

手術は全患者で成功裏に完了した。平均手術時間は46±20分(範囲20~255分)であった。ドレーンは65例で創部に残され、術後中央値3日(中間値範囲2~4)で摘出された。術後の入院期間は3±2日(範囲1~12日)であった。術後の合併症は、9人の患者の血清腫、4人の患者の陰嚢水腫、および創部感染症はなかった。どの患者においても、24ヶ月の経過観察後にヘルニアの再発は認められなかった。

RESULTS: The operation was completed successfully in all patients. The mean operative time was 46 ± 20 minutes (range 20-255 minutes). A drain was left in the wound in 65 cases and was removed at a median of 3 days (interquartile range 2-4) after the operation. The hospital stay after the operation was 3 ± 2 days (range 1-12 days). Postoperative complications included a seroma in 9 patients, scrotal edema in 4 patients, and no wound infections. There was no recurrence of the hernia after 24 months of follow-up in any patient.

結論:

Gilbert手術の原理に基づいた二重構造のテンションフリーヘルニア術は、腹水を伴う症状のある鼠径ヘルニア患者の中から選ばれた患者に対して、実行可能であり、安全である。

CONCLUSION: The Gilbert, double-layer, tension-free herniorrhaphy, according to the principles of the Gilbert operation, is both feasible and safe for selected patients with a symptomatic inguinal hernia who also have ascites.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.