国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

上顎洞癌に対する放射線治療とシスプラチン動脈内投与の病理学的評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Auris Nasus Larynx.2020 Apr;S0385-8146(20)30085-7. doi: 10.1016/j.anl.2020.04.004.Epub 2020-04-22.

上顎洞癌に対する放射線治療とシスプラチン動脈内投与の病理学的評価

Pathological evaluation of radiotherapy and concomitant intraarterial cisplatin for maxillary sinus cancer.

  • Takuma Makino
  • Tomoyasu Tachibana
  • Shin Kariya
  • Yusuke Matsui
  • Hidenobu Matsuzaki
  • Shohei Fujimoto
  • Yorihisa Orita
  • Kuniaki Katsui
  • Takao Hiraki
  • Yasuharu Sato
  • Susumu Kanazawa
  • Kazunori Nishizaki
PMID: 32359864 DOI: 10.1016/j.anl.2020.04.004.

抄録

目的:

当院では2010年以降、局所進行性上顎洞癌(MSC)に対して、放射線治療とシスプラチン(RADPLAT)を併用した外科的治療を主に行ってきたが、今回の研究では、放射線治療とシスプラチン(RADPLAT)を併用した場合の治療成績と病理学的評価を検討した。本研究では、MSCに対するRADPLAT後の治療成績と病理学的評価を検討した。

OBJECTIVE: Since 2010, we have mainly performed surgical treatment following radiotherapy and concomitant intraarterial cisplatin (RADPLAT) for locally advanced maxillary sinus cancer (MSC). The present study investigated treatment results and pathological evaluations following RADPLAT for MSC.

方法:

RADPLATに対する病理学的反応は、手術標本を用いて評価した。病理学的反応は、1964年に下里が報告した分類法に従って、グレードV(どの切片にも腫瘍細胞が残っていない)、グレードIV、III、II、I、および0としてグレード分けされた。5年全生存率および疾患特異的生存率は、Kaplan-Meier法を用いて推定された。MSCの再発と他の臨床病理学的パラメータとの間の相関の一変量解析は、カイ二乗検定またはフィッシャーの厳密検定を用いて評価した。

METHODS: Pathological response to RADPLAT was evaluated using surgical specimens. Pathological response was graded in accordance with the classification method that Shimosato reported in 1964, as grade V (no tumor cells remain in any of section), grade IV, III, II, I, and 0. Five-year overall and disease-specific survival rates were estimated using Kaplan-Meier methods. Univariate analyses of correlations between recurrence of MSC and other clinicopathological parameters were evaluated using the chi-square or Fisher's exact tests.

結果:

本研究には19名の患者が登録され、5名がT3病変、14名がT4病変であった。局所再発は1例、遠隔転移は3例であった。5年全生存率は67.1%(T3:50.0%、T4:69.6%)、5年病変特異的生存率は81.9%(T3:100%、T4:76.0%)であった。組織学的奏効は9例でグレードVに分類された。残存癌の有意な危険因子は認められなかった。

RESULT: 19 patients were enrolled in this study, 5 patients showed T3 disease and 14 had T4 disease. One patient demonstrated local recurrence and 3 patients experienced distant metastasis. The 5-year overall survival rate was 67.1% (T3, 50.0%; T4, 69.6%), and the 5-year disease-specific survival rate was 81.9% (T3, 100%; T4, 76.0%). Histological response was categorized as grade V in 9 cases. No significant risk factors for residual cancer were identified.

結論:

我々の研究では、RADPLATは副作用のリスクが低いだけでなく、病理学的評価により局所的に進行したMSCに対しても有効な治療法である可能性が示唆された。RADPLATの治療強度を高めることは、高侵襲手術を回避するための有効な手段となる可能性がある。

CONCLUSION: Our study suggested that RADPLAT not only has a low risk of side effects, but also could represent an effective procedure for locally advanced MSC by pathological evaluation. Increasing the therapeutic intensity of RADPLAT might provide an effective modality to avoid highly invasive surgery.

Copyright © 2020 Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan Inc. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.