会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ケニアの農村部で実施された施設ベースの症例対照研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Public Health.2020 Apr;20(1):586. 10.1186/s12889-020-08728-z. doi: 10.1186/s12889-020-08728-z.Epub 2020-04-29.

ケニアの農村部で実施された施設ベースの症例対照研究

Risk reduction of diarrhea and respiratory infections following a community health education program - a facility-based case-control study in rural parts of Kenya.

  • Miriam Karinja
  • Raymond Schlienger
  • Goonaseelan Colin Pillai
  • Tonya Esterhuizen
  • Evance Onyango
  • Anthony Gitau
  • Bernhards Ogutu
PMID: 32349712 PMCID: PMC7191750. DOI: 10.1186/s12889-020-08728-z.

抄録

背景:

下痢性および急性呼吸器感染症は、開発途上国、特に 5 歳未満の子供の間では依然として主要な死亡原因である。ケニアの病院受診の約80%は予防可能な病気に起因しており、これらの予防可能な病気の少なくとも50%は不十分な衛生環境に関連している。本研究の目的は、ケニアの3つの農村部に住む人々の間で下痢や呼吸器感染症のリスクを減らすために、ファミリア・ナウィリと呼ばれるコミュニティベースの健康教育プログラムの影響を評価することであった。

BACKGROUND: Diarrheal and acute respiratory infections remain a major cause of death in developing countries especially among children below 5 years of age. About 80% of all hospital attendances in Kenya can be attributed to preventable diseases and at least 50% of these preventable diseases are linked to poor sanitation. The purpose of this study was to assess the impact of a community-based health education program, called Familia Nawiri, in reducing the risk of diarrhea and respiratory infections among people living in three rural Kenyan communities.

方法:

症例とは、下痢または呼吸器感染が原因で保健施設に通院している患者と定義し、対照とは、下痢や呼吸器感染以外のイベントとして定義された非伝染性疾患で同じ保健施設に通院している患者と定義した。健康教育プログラムへの参加と関連した下痢または呼吸器感染症のリスクを評価するために、ロジスティック回帰モデルを用いて95%信頼区間(CI)を持つ調整オッズ比(OR)を算出した。

METHODS: Cases were defined as patients attending the health facility due to diarrhea or a respiratory infection while controls were patients attending the same health facility for a non-communicable disease defined as an event other than diarrhea, respiratory infection. Adjusted odds ratios (ORs) with 95% confidence intervals (CIs) were calculated using a logistic regression model to assess the risk of diarrheal or respiratory infection in association with exposure to the health education program.

結果:

本研究のために募集された患者は324人、対照者は308人で、患者の57%、対照者の59%が男性であった。全体では、症例の13%対対照群の20%の患者が教育プログラムを受けた。プログラムに参加した患者は、プログラムに参加しなかった患者と比較して、下痢と呼吸器感染症のオッズが38%低かった(調整後OR 0.62、95%CI 0.41-0.96)。水質改善の取り組みが行われている地域に居住している研究参加者では、同様のリスク低下が観察された(調整済みOR 0.65、95%CI 0.47-0.90)。調整モデルの変数には、その地域の水改善事業とトイレ設備が含まれていた。

RESULTS: There were 324 cases and 308 controls recruited for the study with 57% of the cases and 59% of the controls being male. Overall, 13% of cases vs. 20% of control patients were exposed to the education program. Participants exposed to the program had 38% lower odds of diarrhea and respiratory infections compared to those not exposed to the program (adjusted OR 0.62, 95% CI 0.41-0.96). A similar risk reduction was observed for participants in the study who resided in areas with water improvement initiatives (adjusted OR 0.65, 95% CI 0.47-0.90). Variables in the adjusted model included water improvement projects in the area and toilet facilities.

結論:

この研究から得られた結果は、教育プログラムを受けた参加者と、水改善活動を行っている地域に住んでいる参加者は、下痢や呼吸器感染症のリスクが減少していることを示唆している。

CONCLUSION: Findings from this study suggest participants exposed to the education program and those residing in areas with water improvement initiatives have a reduced risk of having diarrhea or respiratory infection.